「コン・ユはお互いに心の内を打ち明けて始めたからなのか、本当に楽しい撮影だった」

俳優イ・ドンウクが“再発見”という賛辞を受けて放映が終了した『鬼』で、“死神”でキャスティングされた過程に対して直接口を開いた。
イ・ドンウクは「ARENA HOMME+」3月号とのインタビューで『鬼』のキャスティング過程に対して「若干誤って広まった部分があって、その記事を読んで良い気がしなかった」と口を開いた。
彼は「僕が先にキム・ウンスク作家に死神を演じたいと申し上げたのは合っている。しかしすでに作家様が決めていた俳優がいたという話は事実ではない。該当記事が出た後、作家様からとても申し訳ないと電話をいただいた」と話した。イ・ドンウクがキム・ウンスク作家を訪ねて行った時はドラマのあらすじが出るのも前、コン・ユが鬼役にキャスティングされる前の状況だったという。
イ・ドンウクは「当時あるドラマの主人公役のオファーを受け、結果的にそのドラマもかなりうまくいった。だが、当時あらすじが出てくる前のプロット(構想)だけ出てきた状態でも死神役が魅力的に感じられ、ストーリーライン、ファンタジーのジャンル、鬼と死神がひとつ屋根の下で暮らす設定、最小1人2役までできる拡張的な役割など全てが良かった」とキャスティングに欲を出した過程を伝えた。
コン・ユとのブロマンスに対しては「僕たちは以前からよく知る仲で軍生活も一緒にしたが、同じ作品で演技をするのはまた違う問題。劇の序盤に『兄さんをしっかり助ける』と、コン・ユ兄さんも『安心して演じろ』と激励するなど、お互いに心の内を打ち明けて始めたからなのか本当に楽しい撮影だった」と回想した。
イ・ドンウクは後半に乱舞した俳優のアドリブに対して「俳優全員が楽しく、思う存分遊んだ。ドラマが終わってからはキム・ウンスクという“創造主”が作った世界観の中で本当に楽しくよく遊んだという気がした」と振り返った。
典型的な“クールガイ”イ・ドンウクがワンヨになるために時代劇の衣装を着た姿は本当にインパクトがあった。イ・ドンウクは「時代劇のシーンを撮る時、スタッフが全員『次の作品は絶対に時代劇だ』と話した。カメラ監督の方もかなりよく似合ってカッコイイとおっしゃられた。実は僕は現場でモニタリングをしないタイプだ。モニタリングすると僕の目には至らないことだけが見えるので、監督がOKなら僕もOKだと思う。それで“ワンイ”に扮した自分の姿は、放送を通じて初めて見た。予想外によく似合うという称賛に気分が良かったが、編集の力も大きかった。全く予想できない瞬間にとても短く登場してインパクトを与えたから。もちろん次回作で時代劇のオファーが来れば積極的に考慮するだろう」と話して次回作に時代劇を望むファンたちの期待を膨らませた。