様々なアプローチでファンへ愛情を届ける

アイドルグループINFINITEが三番目に開催されたファンミーティング「無限大集会3」でファンたちと限りない愛情を分かち合った。
INFINITEのファンミーティング「無限大集会3」が今月3日、蚕室(チャムシル)室内体育館で開かれた。オープニングステージはヒット曲「Bad」だった。同じ事務所に所属する俳優キム・ミンソクはこの日、ファンミーティングの進行を引き受けた。
マイクを持ったウヒョンは「7年間で『無限大集会』が3回開かれた。ファンたちの顔を見る時、幸せな微笑みを浮かべることになる」と話し始めた。引き続きソンギュはキム・ミンソクのぎこちない語り口に対して「『人気歌謡』に出演するようだ。横のお二方がどれほど上手にしたか分かるようだ」と話して笑いを誘った。キム・ミンソクは「時間を上手に使うメンバーは誰か」と尋ね、ソンギュは「ホヤが海外に行っても朝のジョギングをした後、朝食を取る。ドンウも早起きだ」と明らかにした。引き続きウヒョンは「海外スケジュールでお金を使い過ぎて、その後はショッピングをやめた。最近は料理をして朝ごはんを食べて、ギョーザというニックネームができた」と語った。これに対してソンジョンは「ウヒョンが単純にイメージをつけようと料理をするようだ」と指摘し、ウヒョンは「生きるために料理をしているんだ」と反論した。
INFINITEのメンバーは「INFINITEの言う通りに」コーナーで罰ゲームにあう主人公を選んだ。エルはオンライン放送を通じて罰ゲーム者に選ばれ、ファンミーティングに先立ち女装をした。エルは「仁川(インチョン)の干潟で潮干狩りをする」とメンバーがするべきことを決めた。ウヒョンははしごゲームを通じて罰ゲームを受けるメンバーになった。
再びステージに上がって「DNA」を熱唱したINFINITEは、昨年開かれた小劇場コンサート「あの年の夏」に対して「釜山(プサン)で最終公演をした。良い思い出だった」と振り返った。ソンギュは「ソンヨルが『あの年の夏』でI.O.Iの『PICK ME』のステージをした。昨年の授賞式でソンヨルがI.O.Iに会ったが恥ずかしがっていた」と回想した。
映像で公開された部屋脱出ゲームでキングになったウヒョンをはじめとするINFINITE メンバーは、ファンたちと共にするゲームを始めた。ウヒョンの指示によってドンウはファンとサンドイッチを分け合って食べ、エルは愛蔵品であるこの日着たTシャツをプレゼントした。
ソンヨルとソンジョンはそれぞれドラマ『鬼』『太陽の末裔』の役になりきって名セリフを披露した。ソンギュは1分間ボーイフレンドになった。ホヤはファンと額をあわせた後「愛している」とささやいた。ファンミーティング終盤には「2017 May」という文面の映像が公開されてINFINITEのニューアルバム発売を予告した。
今年で3度目に開催された「無限大集会」は2013年から2年に1度ずつ開かれるINFINITEだけの独自の集会形態のファンミーティングだ。