「朝早く収録に行かないといけないので、一度だけ許して下さい」

SUPER JUNIORのイトゥクが個人の携帯電話番号流出に対する苦痛を訴えた。
イトゥクは今月1日、自身のSNSを通じて「深夜だけは電話とメッセージの自制をお願いする」とファンたちに訴えた。
イトゥクは自身のInstagramのハッシュタグを通じて「全て良いですが、深夜だけは電話とメッセージの自制をお願いします。海外に番号が流出したようですが、朝早く収録に行かないといけないので、一度だけ許して下さい。昼間にしてください、どうか」と苦痛を訴えた。
このメッセージから察するにSUPER JUNIORのイトゥクは個人の携帯電話番号が流出したと推測される。これによってファンからの電話やモバイルメッセージが深夜まで暴走して苦しい心境を吐露したのだ。
イトゥクは2012年にも電話番号流出による苦痛を訴えたことがある。「『顧客情報が流出しました』というメッセージがきた」というイトゥクは「驚くことではない。毎回あったことだが、気分はとても良くない。僕の情報が流出して全て警察側に調査が移ったというが、どうせすぐまた流出するはずだ。電話番号を変えればすぐに連絡が来る世の中なんだから」と率直な心境を明らかにした。