数多くの芸能人の名前と電話番号そして意味の分からないマーク

歌手兼俳優キム・ジェジュンが兵役の義務を終えてファンたちのもとに戻ってから1ヶ月が経った。彼は2015年3月31日に現役兵として入隊、軍楽兵としての服務を終えた。
キム・ジェジュンは21ヶ月間の軍服務の間、ひとつの手帳をいつも忍ばせていた。平凡そうなこの軍用手帳には、韓国の有名スターの名前と携帯電話番号などがぎっしりと書かれていた。キム・ジェジュンは毎日のようにこの手帳を開いて名前のそばに何かを書きこんだ。○の時もあれば×の時もあった。数字が書かれる時もあった。21ヶ月間、別の見方をすれば至難に思えるこの“作業”をしたキム・ジェジュンは、除隊後この手帳もしっかり持って帰ってきた。
所属事務所C-JeSエンターテインメントの関係者は、ある日キム・ジェジュンのこの手帳を偶然見ることになった。数多くの芸能人の名前と電話番号そして意味の分からないマークが謎を呼んだ。より一層関心を引かせたのは所属事務所関係者たちの名前も書かれていたことだった。芸能人のように名前と電話番号、数字、チェック表示がされていた。
キム・ジェジュンに確認してみると、この関係者は冷や汗を流すことになる。それはまさにキム・ジェジュンが受信者負担の電話、手紙、面会などの回数をひとつひとつ記録しておいた一種の“帳簿”だった。
理由はすなわち、“社会”にいる時はトップスターだったが、軍隊にいる時はキム・ジェジュンも通常の軍人と違わなかった。知人たちの手紙一通が大切で、受信者負担の電話がつながった時には喜びの涙が流れた。面会も喜びでしかなかった。辛く孤独な時に自身の力になった者たちを記憶するために、キム・ジェジュンは21ヶ月間ぎっしりと記録で満たしたのだ。
では、題名にある“ソン・ジュンギ○”は何だろうか。答えは“受信者負担の電話に出た”という表示だった。