「ドラマやキャラクターより歌自体のメッセージをさらに理解しようとする」

EXOのチェンの魅力的なグラビアが公開された。
ファッションマガジン「Singles」が3月号の表紙を飾ったEXOのメインボーカルでありOST界を新たに席巻するチェンのグラビアを公開した。
今回のグラビア撮影でチェンは純粋な目つきが魅力的な少年の姿から、カリスマあふれる男らしい姿まで披露してスタッフから絶え間ない感心を引き出した。
EXO完全体として3枚のアルバム発表、個人的にはEXO-CBXの活動とドラマOSTなど昨年活発に活動したチェンは「2016年は歌手としての欲をさらに多く持つようになった年だった。特にEXO-CBXで活動してより一層その思いは強くなった。『Hey,Mama』の活動が終わった直後から、すぐ次のアルバムの話をしたほどだ」と話した。
最近Dynamic Duoとのコラボレーション曲「Nosedive」で音源チャートに続き歌番組でも1位に輝いたチェンは、チームを越えて優れたボーカリストと認められている事実に対して「僕がレコーディングしたのを聴いて満足したことが一度もない。まだまだだ」と謙虚な感想を伝えた。
チェンは『太陽の末裔』『大丈夫、愛だ』『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』まで大型のドラマへのOST参加を通じてOST新強者という評価を受けている。これに対して彼は「ドラマやキャラクターより歌自体のメッセージをさらに理解しようとする。僕は役者ではないので音楽的に接近するのが合っていると思う。歌を忠実に理解して歌えば劇中のシーンとも十分に交わると思う」として、愛されるOSTを作るノウハウを伝えた。
音楽に対して誰よりも真剣に悩んでいるチェンだからこそ、彼の音楽の歩みが期待される。
EXOチェンのグラビアとインタビューは「Singles」3月号と楽しいオンラインの遊び場「Singlesモバイル」で閲覧可能だ。