様々な親孝行をする芸能人たち

歌手兼俳優ソ・イングクが最高の親孝行アイドル1位に登板した。2位に上がったスターはmiss Aのスジ、3位はBIGBANGのG-DRAGONだった。
tvN「名簿公開2017」では、芸能界代表の親孝行アイドルの名簿を公開した。親孝行アイドル1位に登板したスターはソ・イングクだった。
ソ・イングクの母は幼い頃、紙くずを拾って生計を立ててきた。ソ・イングクは両親の助けなしに歌手として成功するため、ソウルへひとりで上京した。「SUPER STAR K」で優勝したソ・イングクは賞金全額を母に贈り、蔚山(ウルサン)にカフェをオープンさせた。母も息子ソ・イングクの名義でアパートをこっそりと用意し、お互いを思い合う姿を見せた。
幼い時から親孝行をしてきたスジは2010年にmiss Aで歌謡界デビューした。『建築学概論』への出演で女優としての位置づけを固め、その後は30本を越える広告に出演して広告収入で100億ウォンを越える収益を上げた。スジはカフェ運営が夢だった母のためにカフェを用意してあげ、光州(クァンジュ)に広くて大きな家も建ててあげた。父に高級車と江南(カンナム)のテコンドー道場までプレゼントした。
数多くのスターの憧れであるBIGBANGのG-DRAGONが親孝行アイドル3位にランクインした。G-DRAGONは6年間の練習生生活を終えてBIGBANGとしてデビューし、途方もない収益を上げた。G-DRAGONは2013年に聖水洞(ソンスドン)にある高級マンションを購入してスーパーカーを買った。2012年には抱川(ポチョン)に10億ウォン台の超豪華ペンションを作って両親にプレゼントした。彼の収入は全て両親が管理しており、BIGBANGの海外コンサートにも両親と共に回って親孝行をした。
難しい家庭環境を乗り越えて親孝行したアイドルもいた。それは6位になったJYJのキム・ジュンスがその主人公。恵まれない家庭環境を勝ち抜いて歌手として成功したキム・ジュンスは、両親にラグジュアリーマンションと済州島(チェジュド)にある350億ウォン台のホテルを与えた。チョグォンはアパートももちろん自動車まで太っ腹に与えて家の生計を立て直した。
理由がある孝行息子アイドルではSUPER JUNIORのキュヒョンがいる。キュヒョンは2007年に命を失うところだったが、父の判断で声と命が救われた。キュヒョンは母と父のために住宅商店複合の高級マンションと新たな車そして父のスクール経営のために保証人にまでなった。そこに加えて明洞(ミョンドン)にある6階建ての建物を買いとり改造してゲストハウスを作り両親にプレゼントした。