「2017年も役の大きさに執着せず多くの作品に出演することが目標」

休むことなく俳優としてフィルモグラフィーを積み重ねたSHINee(シャイニー)メンバー兼俳優ミンホが「Marie Claire」2月号を通じてグラビアとインタビューを公開した。公開されたグラビアのミンホは、ブラックのレーサーレザージャケットにブラックのパンツ、ブルーのレザーに赤いポイントが素敵なバックをマッチしてシックながらもトレンディーな姿を演出した。トーラス模様の皺加工が施されたシャツにジッパーがユニークなボンバージャケットを合わせてファッショニスタとしての姿も見せた。ミンホは俳優としての抱負を尋ねるエディターの質問に「運命的に演技を始めることになった。スランプも体験したが、2017年も役の大きさに執着せず多くの作品に出演することが目標だ」と明らかにした。彼はさらに最近放映中のドラマ『花郎(ファラン)』は役者として一段階成長できる作品だったと伝えて、多くの愛情を見せた。