「未公開曲も2曲程ある。また準備中」

人気グループBIGBANGのプレゼントは豊かだった。久しぶりにファンたちと会ったBIGBANGは、新曲に対する惜しみない紹介と裏話、そしてファンと共にするアンケートまで様々な楽しさを届けた。
BIGBANGは今月12日午後11時からポータルサイトNAVERのLIVE映像配信アプリ「V」を通じて「『BIGBANG MADE THE FULL ALBUM』カウントダウンライブ」を進行してファンと会った。8年ぶりに発表するフルアルバム公開を控えて、メンバーもやはりときめきながらファンにニューアルバムを紹介した。
BIGBANGはまず挨拶と共にニューアルバムを直接紹介した。V.Iは「アートホリック、変わり者の芸術家がいる。T.O.P兄さんがとても力になってくれてリリースされることになった」とT.O.Pに感謝の気持ちを伝えた。
『MADE THE FULL ALBUM』がリリースされるまでの過程も公開した。SOLは「本格的にアルバムを作業したのは2年前からだった。アルバムをリリースしようと作業したが、シングルとして出すことになり、いよいよ『MADE』になった。もう少しでリリースされる。諦めたい時も多かった」と打ち明けた。それだけ負担感と緊張感があったという。
新曲「FXXX IT」(韓国タイトル「もう分からない」)と「LAST DANCE」「GIRLFRIEND」も1曲ずつ紹介した。最初の新曲「FXXX IT」に対しては「ジャンル的にはフューチャーバウンスだ。実はジャンルが重要なわけではない。アルバム『MADE』をメイドしなければならなかった。どのようにするべきか悩んで集まったのに、悩んでいる間『もう分からないって放棄しちゃおう』という話を誰かがした。それで誕生することになった」とビハインドストーリーを公開して注目を浴びた。
さらに「LAST DANCE」に対してメンバー全員今までのBIGBANGの物語を込めたと口をそろえた。メンバーは「V.Iがとても喜んだ事を思い出す」と話した。V.Iは「とても好きだ。聴けばBIGBANGの10年の物語が思い浮かぶ。僕たちを表現できる歌」として愛情を表わした。
この曲はT.O.Pのボーカルも入った曲で、BIGBANGの10年を代弁する歌だった。メンバーは「以前には様々な表現をたくさんしようとしたと思うが、今回は感情の中にまたその感情が生まれたようだ」と説明した。
D-LITEは「LAST DANCE」に対して「僕たちの全ての心を代弁する曲だと思う。僕たちと共にする曲というものを感じることができるだろう」と話した。
最後の新曲「GIRLFRIEND」に対しては「『MADE』のシングル作業をする時からの古い曲だ。シングルには入れなかった。個人的にこのアルバムがリリースされる2年の間聴いたが、聴くほど良い。飽きずにずっと聴ける歌だと思う。BIGBANGだけのHIPHOPらしい感じ、メランコリーな感じがよくにじみ出たと思う」と明らかにした。特にT.O.Pはラップ部分を20回程修正し、心血を注いで作業した。
BIGBANGは新曲の紹介と共にファンが参加したアンケートも進めた。ファンがあらかじめ投票した内容について話した。ファンの疑問を解いて様々なトークを広げた。ファンとコミュニケーションを図るのはもちろん、この日V.Iの誕生日を迎えてお祝いも続いた。
特にBIGBANGはこの日新曲のミュージックビデオを初公開した。音源公開前に「FXXX IT」のミュージックビデオを公開し、新曲に対する期待感を充足させながら次の新曲に対する期待感を高めた。V.Iは「このミュージックビデオはワンテイクで行こうとコンセプトを決めた」と明らかにした。
引き続き「LAST DANCE」のミュージックビデオも公開した。SOLは「僕たちは運が良い。今の状況でこの歌を出せるというのが良い。意味があって良い」と、V.Iは「ファンたちに贈る歌」と話した。
BIGBANGは様々な活動に対しても言及した。歌番組と共に「無限に挑戦」「ラジオスター」出演などに対して言及し、ファンの期待を高めた。特にBIGBANGは今回のフルアルバムに収録されていない曲に対して言及して「未公開曲も2曲程ある。また準備中」と予告した。
コンサートに対しても言及した。 BIGBANGは「ファンたちだけのためのイベントもある。意味あるコンサートになるだろう」と紹介した。
BIGBANGらしく長く準備したフルアルバムを祝う祝杯も上げた。T.O.Pのレシピで完成された特別な祝杯だった。カムバック直前に進行されたBIGBANGの生放送。新曲を共に聴く楽しみと共にBIGBANGが直接紹介するレジェンド級のファンサービスまで。デビュー10周年プロジェクトの完璧なフィナーレだ。