「僕が何に苦しんだのかは歌詞を通じて見て欲しい」

歌手チョンドゥンがアイドルグループのメンバーからセルフプロデューシングが可能なソロアーティストとして歌手人生の第2幕を開いた。チョンドゥンは「ソロミニアルバム『THUNDER』を初めてリリースした。本当に幸せだが、一方ではプレッシャーも感じる」として「どうしてもグループから初めてソロになって、初めてのリリースだから普通のプレッシャーではない」とソロデビューの感想を明らかにした。実際のチョンドゥンはデビュー7年ぶりにセルフプロデュースしたアルバムでソロデビューをした。「デビュー前から独学で作曲を始めた」と明らかにしたチョンドゥンは「7年間(実力が)積もって発売できて大きな喜びだった」と説明した。
ミュージックビデオにはチョンドゥンの親しい知人はもちろん、チョンドゥンの姉DARA(元2NE1)が特別出演して視線をひきつけた。特にDARAはチョンドゥンのキスシーンを撮影する役で登場して面白みをプラスした。チョンドゥンは「DARAが先に助けたいと言ってくれて、ミュージックビデオへの出演を決めた。本当にとても助けてくれた」と感謝の気持ちを伝えた。引き続きチョンドゥンはミュージックビデオの撮影エピソードと関連し、「家族の前で恋愛のスキンシップをするなんて。『これは違う』と言いたくて本当に緊張しながら撮影した。それは人の道に外れるようで本当に大変だった」と冗談を言った。
長い間、苦楽を共にしたMBLAQのメンバーの応援はなかったのだろうか。チョンドゥンは「(MBLAQメンバーは)音楽に対する僕の情熱を知る最も身近な者たちだ。今回のアルバムがリリースされるという話を聞いて『やったね』と話した」と明らかにした。また、フィーチャリングをしてくれたハラ(元KARA)に対しても言及した。チョンドゥンは「声がよく似合うと判断してオファーしたし、快くこれを受け入れてくれた。本当に感謝している」と明かした。
チョンドゥンはMBLAQ脱退後、Mystic Entertainmentに移籍し、長い音楽作業の終わりに1stアルバムを発表することになった。チョンドゥンが全曲作詞、作曲、プロデューシングに参加した今回のアルバムはポップジャンルのカラーが濃厚だが、収録曲「Magic Spell」にはチョンドゥンの大変だった時間が歌詞に含まれている。チョンドゥンは「前が見えない職業だから、いつアルバムを出すかも分からない状況で曲だけを作ってみたら苦しくなったこともある。僕が何に苦しんだのかは歌詞を通じて見て欲しい」と説明した。また、チョンドゥンは「Sign」のソロパフォーマンスと関連して「昨日まででさえも恐れがあったが、ステージを終えたのでさっぱりする」と話して幸せさを隠すことができなかった。
チョンドゥンは「グループ活動をした時は空白期が長く活動期が短くて、ファンたちがたくさん待って下さった。今回も2年半もファンたちをお待たせして申し訳ない。今回のアルバムは神経を注いで準備したので、たくさん期待して欲しい。今回のアルバムは100点満点中100点だ。夢見てきたソロ活動の開始なのでより多くの愛情が注がれている」とファンへの感謝の気持ちを伝えた。さらにチョンドゥンは「大衆に『ソロ歌手チョンドゥンも良いね』という認識ができれば、それだけでも幸せだ」と付け加えた。
最後にチョンドゥンは「とても緊張した時間だった。今回の活動を皮切りに海外活動も兼ねて、僕の力量に合う役割で演技も始めるだろう。本当に様々な活動をお見せする予定だ」と語った。