「演技をするのが恐ろしくて辛かった」

イ・ジョンソクの感性的なグラビアとインタビューが公開された。
イ・ジョンソクは「COSMOPOLITAN」12月号の裏表紙を飾った。今回のグラビアの中でイ・ジョンソクはモデル出身の俳優らしく、優れたプロポーションを誇ってニューバランスのスポーティーなジャンパーからカジュアルなスニーカーまで様々な衣装をクールに着こなして冬の完璧な“ボーイフレンドルック”を演出した。
最近映画『VIP』の撮影を始めたイ・ジョンソクは、初めて悪役を引き受けることになったと明かし「文字どおり悪役です。本当に“悪”だけある、理由も名分もなしに悪い人間。普通は登場人物の感情が何かしらの可能性を持って変わって行く過程があるでしょう。僕が引き受けた役はそういうものが最初からありません。今までなかった悪人です」としながら、一味違った演技変身に対する悩みとときめきを表わした。
引き続き映画とドラマに休むことなく出演して牛(ソ)のように絶え間なく仕事をするという意味で“イ・ジョンソ”というニックネームを得た彼は「僕は演技をするのが恐ろしくて辛かったです。だからこそ休まずに続けて作品に出たんです。ところでそれを繰り返してみると慣れたみたいです」と最近の活動に対する素直な気持ちをさらけ出した。
一方、空白期間の間に演技以外でやりたいことについて繰り返し自問し、友人たちと共に服を製作したという彼は、服にプリントされた“ハグとキス”の意味に対して「僕たちは普段慰めたりする時に取る基本的な行動は、手を伸ばして“おいで”と抱きしめる仕草ですよね。だからどんな関係でも全てを包み込むハグと、恋人間のキスを思い浮かべました」と伝えて、自身にもキス、慰めそしてハグが必要だという言葉を付け加えた。