映画のセリフを使って現政局を批判

人気バンドCNBLUEのイ・ジョンヒョンが政局を批判した。イ・ジョンヒョンは最近、自身のInstagramに「V. 学校に通う時、映画を見て多くのことを考えていたようだ。十年前の映画にも関わらず今でも僕の頭の中に強く残っている。学生の方々に、そしてひょっとしてまだ観た事のない方に推薦します。『Vフォー・ヴェンデッタ』」というコメントと共に1枚の写真を掲載した。イ・ジョンヒョンが掲載した写真は映画『Vフォー・ヴェンデッタ』のワンシーンで、「人民が政府を恐れるのではない、政府が人民を恐れるべきなのだ」というセリフが書かれている。現政局を遠回しに批判していると言える。一方イ・ジョンヒョンは事前製作ドラマ『マイ・オンリー・ラブソング』を撮影中だ。