遅れても約束を守る多才なBTOB

ボーイズグループBTOBが1年ぶりにファンたちとの約束を守った。
最近NAVERのLIVE映像配信アプリ「V」では、BTOBの「THE BEAT SEASON 4夜を忘れたメロディに」の放送が進行された。
この日ウングァンは「ヒョンシキの横を見るとギターがある。なぜ準備したのかというと、ギターの演奏をしながら歌をお聴かせしようと思う。元々『THE BEAT』昨シーズンでファンのリクエストを受けて曲をお聴かせしようとしたのに、残念ながら実行できなかった。でも僕たちは約束を守らなければならないので今回やろうと思う」として放送の理由を説明した。
最初の悩み相談の主は採用試験を控えた学生だった。BTOBは、一日でも早く学生たちを教えたいという教師志望のファンのために「Isn’t She Lovely」を贈った。その後ラッパーミンヒョクはRa.Dの「I’m in love」をチャンソプはUrban Zakapaの「鼻の端に冬」を歌った。
歌に続きリコーダーで笑いを届けた。ファンたちはBTOBに「リコーダーの演奏を見せてほしい」とリクエストし、メンバーはリコーダーの演奏を始めた。ラッパーイルフンは「『エーデルワイス』を吹ける」としてレベルの高いリコーダー演奏を聴かせた。これを聞いたメンバーは「覚えているのが不思議だ」と驚いた。
引き続きヒョンシクは「ウングァンのコブラダンスを見せる」とリコーダーを吹いた。これに対しウングァンはコブラと共に踊って笑いを誘った。
BTOB印の「Show Me The Money」が広がった。チームのメインボーカルであるウングァンとチャンソプは高速ラップを披露してバラエティセンスを表わした。メンバーは「2人のうちで誰がもっと上手かったのかコメントをして欲しい」として要請した。
最後にBTOBは今後ソロ放送をたくさん行うことを知らせて、「センター試験を受けるみんな、緊張せずに必ずうまくいくことを願う」と慰労と応援のメッセージを送った。