「今後は歌手以外にラジオDJをしてみたい」

4Minuteが7年で解散の便りを伝えた時皆が残念がった。いつも他とは違った音楽を披露してきたガールズグループだったからさらにそうだった。チョン・ジユンにとってもそうだろう。それで口を慎んだ。4Minuteの解散後、解散の原因とメンバーの今後の歩みに対する推測あるいは噂が溢れる間、彼女は口を閉じた。何かを話すよりも音楽でも活動でも、大衆が信頼する結果で見せるのが正しいと信じたためだ。一人立ちのための準備を全て備えたチョン・ジユンがついに口を開いた。
★ソロ歌手チョン・ジユンと4Minuteチョン・ジユンはどのように違う?
チョン・ジユン:4Minuteはグループ自体のカラーが強かった。ラッパーでありボーカルでもあったけど、ボーカルパートも高音で声を張り上げる部分が多かった。反面ソロ歌手としては柔らかい感じをさらにお見せしたい。
★ソロアルバムの準備をしながら寂しかったことは?
チョン・ジユン:レコーディングがあんなに早く終わったことがなかった(笑)。練習できる時間がさらにできたと思った。
★4Minuteメンバーとは連絡を取っている?
チョン・ジユン:メンバーが今回のアルバムの準備をとても助けてくれた。私が悩みを打ち明けるたびに、具体的なアドバイスもたくさんしてくれた。共に活動をしたから私が壁にぶつかった時どうするべきかよく分かっていた(笑)。
★解散後にも仲良く過ごしているようだ。
チョン・ジユン:大変な時期を一緒に過ごした。絆がさらに強くなった。むしろ固く団結することになった。痛みを分けあえばさらに親しくなるのではないだろうか。
★チョン・ジユンは解散後、発言を控えてきた。
チョン・ジユン:苦しかった。私たちは私たちに対する便りを記事で知る。だから私たちが全て説明できない。残念だった。全てお話ししたかったが、人々が推測して考える部分が苦しかった。メンバー一緒に「私たちはこんなに仲がいいんです」と言いたかった。でも話をするより、私たちの音楽あるいは活動でお見せするのが正しいと考えた。いつかは分かって頂けないだろうか?
★キム・ヒョナは歌手で、ナム・ジヒョン、ホ・ガユン、クォン・ソヒョンは女優として活動を継続する。皆各自の分野で活躍するのを期待する。それならチョン・ジユンは歌手意外にしてみたい分野がある?
チョン・ジユン:ラジオDJをしてみたい。4Minute活動の時、末っ子(クォン)ソヒョンとDJを何度かした。私たちは息がぴったり合う。『私たちは今後DJをしなければならない』と語った。ソヒョンやガユンとしてみたい(笑)。