催眠術をかける怪しげな姿に釘づけ

俳優イ・ミンホが今まで公開された姿とは全く違うダークな雰囲気を吹きだしていて注目を浴びたている。彼が黒い野球帽と作業服を着た姿が公開されたのだ。
SBS新水木ドラマ『青い海の伝説』は脳科学専門家級のホ・ジュンジェ(イ・ミンホ)が催眠をかける姿が収められたスチールを公開した。
公開されたスチールには、黒い帽子を深く被ったホ・ジュンジェの姿が含んでいる。彼は片手にライターを持って誰かを注目しているが、顔がほとんど隠れているにも関わらず隙間から見える彼の強烈な目つきからカリスマが感じられて視線を釘づけている。
この場面はホ・ジュンジェが催眠をかけている姿で、手に持たせたライターのゆらゆらする炎と見た途端魅了される彼の深い目つきは、催眠にかかるしかない最上の条件だ。スチールの中のホ・ジュンジェは自身を止めた警備員相手に催眠をかけており、即座にライターの花火に視線を奪われて惹かれたように彼の手を見つめている警備員の姿は、ホ・ジュンジェの完璧な催眠術の実力を証明している。
天才詐欺師であるホ・ジュンジェは、自身の思い通りにするため相手に催眠をかけるなど、脳科学を利用する自他共に認める脳科学専門家だ。今まで公開された雰囲気とは全く違うダークながらも妙に人を引き込む魔性の魅力を届けている。
堂々と「月刊詐欺師」11月号の表紙を飾った“天才詐欺師”ホ・ジュンジェは知的でセクシーな検事に変装すると、今回は上手に催眠術を駆使して“ダークな俊才”の容姿を見せている。何でも200%消化するホ・ジュンジェが、今後どんな新たな姿を見せるのか視聴者たちの期待が高まっている。
『青い海の伝説』側は「ホ・ジュンジェは脳科学を上手に利用して相手を惑わせるキャラクターだ。催眠と共に華やかな手技からマジックまで披露する予定なので初放送まで大きな関心をお願いする」と伝えた。