グローバルな人気を実証

防弾少年団がYouTubeミュージックチャート全部門の上位圏にランクインした。
最新のYouTubeミュージックグローバルトップ100チャートによれば、防弾少年団は該当チャートのトラック部門14位、アーティスト部門6位、ミュージックビデオ部門17位に上がった。
トラック部門
トラック部門の場合、防弾少年団は新曲「血、汗、涙」で調査期間中に約2,500回の有効再生数を記録して14位にランクインした。
アーティスト部門
アーティスト部門では今週だけで合計8,900回の有効再生数を記録、先週の順位だった62位から56階段も跳ね上がった6位に名を載せた。また、156.97%の上昇率を見せて、チャート内で最高成績を達成した。
該当チャートにはザ・チェインスモーカーズ、ジャスティン・ビーバー、カルビン・ハリス、アリアナ・グランデなどが10位圏にランクインしており、ブルーノ・マーズ、ビヨンセ、リアーナなどが20位圏内に入っている。防弾少年団は34週目の該当チャートランクインに成功すると同時に、自己最高成績を記録してグローバルなスーパースターらと肩を並べることになった。
ミュージックビデオ部門
ミュージックビデオ部門でも華やかな成績を見せた。防弾少年団は今月10日に公開した新曲「血、汗、涙」のミュージックビデオが、調査期間内で約1,800回再生を記録して17位に到着した。
先立って防弾少年団は該当ミュージックビデオを公開してわずか41時間で1,000回再生を突破させて、K-POPグループのなかで最短時間突破記録を更新して話題を集めた。