親友パク・シネらが応援に駆け付ける

「KISS THE RADIO」の新DJイ・ホンギが親友パク・シネとFTISLANDの支援の下、初めてのDJデビューを無事に終えた。
今月17日、KBSクールFM 「イ・ホンギのKISS THE RADIO」がスタートした。Godのデニー・アン、SUPER JUNIORの後に続いてFTISLANDのボーカルイ・ホンギがDJの座を受け継いだ。
この日オープニングでイ・ホンギは「僕が生まれて持つことになった家族、音楽をしながら持つことになった家族FTISLAND、芸能界生活をして持つことになった家族キム・ヒチョル、Simon Dが含まれたチョコボール」としながら自身の縁を羅列した。引き続き彼は「僕は今日また違う家族を作ってみようと思います。皆さん、僕の新しい家族になってくださいますか?」とリスナーに初めての挨拶をした。
イ・ホンギの初めてのラジオ放送にやってきた初めてのゲストは“韓流の女神”パク・シネだった。しかしイ・ホンギは「僕はただの女友だち」だとゲストを紹介した。
パク・シネは直接イ・ホンギの紹介文を書いた。彼女は「うちのホンギは面白い子です。時々“見えるラジオ”で立ち上がって踊り始めても理解してください。どこか具合が悪いわけではありません。ホンギは興奮すると声が大きくなります。慌てないでください。それだけ皆さんに集中しているのだから」と愛情の混ざった紹介でイ・ホンギとの友情をアピールした。
さらにパク・シネは書ききれなかった要請を付け加えた。彼は「イ・ホンギは本当に面白くて、楽しくなるとプリプリのおしりを突き出してオットセイみたいな拍手をして歩き回る。慌てないでください。それから興奮すると言葉がつまる。それでもリスナーのメッセージに誰よりも共感できるDJなので温かく見守ってほしい」と話した。
リスナーはイ・ホンギにお祝いのメッセージを送ったのに続き、パク・シネにも歓迎の挨拶を送った。パク・シネは「声がとても良い。ラジオDJをしてほしい」というリスナーのメッセージに「してみたい。するなら10時や12時のような物静かな時間帯のDJをしたい」と話した。引き続きTWICEの「Cheer up」に出てくるシャシャシャポーズをしてほしいという言葉にイ・ホンギのロックバージョン“シャシャシャ”に合わせて可愛いダンスを披露した。
親友パク・シネとイ・ホンギの友情に対する質問もたくさん寄せられた。2人は喧嘩したことがあるのかというリスナーの質問に「喧嘩したことはない。僕たちは2人とも平和主義者だ」と答えた。パク・シネは「イ・ホンギは女友だちをとても気遣ってくれる。いつも聞き入れてくれるようだ」と話し、イ・ホンギは「それで僕のニックネームが“自傷ホン”だ」と付け加えた。
パク・シネとイ・ホンギは2人の共通の友人である俳優キム・ミンソクにメールを送ってどちらが早く返事を貰うのか対決した。イ・ホンギは「スペシャルDJ1日券」を、パク・シネは「ご飯ごちそう1回券」を賭けの商品にした。この日、携帯電話番号を変えたイ・ホンギは「どなたですか?」という屈辱的な返事を受け取った。
結局対決はパク・シネの勝利で終わったが、キム・ミンソクは電話を繋いで義理を守った。彼はイ・ホンギに対して「とても話上手な子なので、DJも上手いはずだ」と応援し、「次の作品の準備をしているが、今のところは余裕がある時間を楽しんでいる」と近況も伝えた。付け加えて近い将来にスタジオを訪問することを約束した。
第2部にはFTISLANDの末っ子仲間ソン・スンヒョンとチェ・ミンファンが登場した。イ・ジェジンとチェ・ジョンフンは、イ・ジェジンの映画『歩き王』の試写会参加のために参加しなかった。イ・ホンギがパク・シネとメンバー2人で挨拶を交わせと注文して、ソン・スンヒョンは「さっき挨拶したのに、なぜぎこちなくさせるのか」と反発した。
DJを引き受けたイ・ホンギに一言言ってほしいという要請にチェ・ミンファンは「してはいけない話をよくするので心配したが、さっきしているところを見ると大丈夫みたいだ。一度考えてから話せば良い。でも(考え過ぎずに)ただ進む放送も面白い」と話した。
彼らはイ・ホンギの初放送デビューに合わせてきつい質問とミッションを準備した。イ・ホンギはソン・スンヒョンの要請に愛嬌を混ぜて「イ・ホンギのKISS THE RADIO、たくさん聞いてくださいね」と伝えるかと思えば、音楽に合わせてダンスを披露した。
チェ・ミンファンはで「イ・ホンギの1stソロアルバム『INSENSIBLE』のミュージックビデオにパク・シネさんが出演したが、恋人演技をしながら他の感情が生まれなかったのか」と際どい質問をした。イ・ホンギは「実は僕も内心期待した。ところがミュージックビデオの内容のなかでキスシーンがあったが、シネさんが断った」と明らかにした。パク・シネは「ミュージックビデオ出演は快くOKしたが、それは本当にできなかった。結局監督に絶対できないと話してそのシーンを抜いた」と話した。
最後にパク・シネは「頼もしく見えて、元気の基になりそうなので、私もしっかり聞くと思う。今日、映画『沈黙』がクランクインしたし、もうすぐチョ・ジョンソクさんとト・ギョンスさんと共に撮った映画『兄貴』が公開する。たくさんの応援してほしい」と挨拶した。ソン・スンヒョンは「イ・ホンギ兄さんと共に進むという自信がある。12時に皆さんを眠らせられるDJになることを願う」、チェ・ミンファンは「ホンギ兄さんが一度したことは全て上手にすると信じる」と話した。さらにリスナーなどにイ・ホンギが失敗しても温かく目で見て欲しいという要請を忘れなかった。
イ・ホンギは初放送を終えて「本当に変な気持ちだ。明日からは自然な姿をお見せするようにする」と締めた。