メンバーの意見を合わせて独立を選ぶ

アイドルグループBEASTが独自に会社を設立して活動していく展望だ。
10月15日付でCUBEエンターテインメントと7年の専属契約が満了したBEASTは、メンバーの意見を合わせて再契約をせずに自分たちが直接会社を設立して独自に活動する道を選んだ。
BEASTは自分たちをデビューさせて成長の踏み台を用意したCUBEエンターテインメントには大変感謝しているが、メンバーは新たな挑戦のために再契約をせず独自の活動を模索することで意見をまとめた。
BEASTは2009年10月14日にデビューアルバム『BEAST IS THE B2ST』を発表してデビューした。それから2日後、デビューアルバムのタイトル曲「Bad Girl」で初めての音楽放送舞台に上がった。
通常では再契約に対する議論は契約満了6ヶ月前から始めて合意も終わらせるが、BEASTとCUBEエンターテインメントは今月16日まで再契約を結ばなかった。さらにメンバーも16日の7周年の記念日を迎えて各自のSNSアカウントに上げた挨拶の言葉を通じても、独自路線の意思を表わした。
リーダーユン・ドゥジュンはこの日「BEAST第2幕がもう始まる。皆さん頑張りましょう」というメッセージを伝え、“第2幕”という単語でBEASTの新しい挑戦と活動を予告した。前日にもユン・ドゥジュンは「多くのことが変わるでしょうが、はやく皆が適応できますように!今後もよろしくお願いします」と綴った。末っ子ソン・ドンウンも16日、「とても複雑な時期だ。申し訳ないが、もう少しだけ待ってほしい」と語った。 ヤン・ヨソプは「今後もっともっと多くの方々のために、そしてBEASTのために歌う」とし、イ・ギグァンも「もっと格好良くて良い姿で報いる。今後の長い時間もよろしくお願いします。しっかりついて来て欲しい」と激励と応援を頼んだ。全員新たな挑戦、新しい環境が始まるという予告と解釈できるコメントだ。
BEASTの再契約の有無は今年の初めから関心が高かった。 BEASTが新しい事務所を探すという噂が飛び交い、外国資本の投資を受けるという話も飛び出した。4月にチャン・ヒョンスンが脱退して解散危機の視線を浴びたが7月に3rdアルバムを発表して報道機関と行ったインタビューで解散することはないと断言した。
一人立ちするBEASTがどんな成果を出せるのか関心が寄せられている。