「今回の事がきっかけで人々が僕を知って、関心が音楽につながったら嬉しい」

男性グループ Block Bのパクキョンが高IQ団体MENSA会員に加入した便りが届いた。パクキョンは喜びを表しながらも“脳がセクシーな男”は過分な称賛だと思うと素直な内心を明らかにした。
現在日本に滞在中のパクキョンは「MENSA試験は100% tvN『脳セク時代』がきっかけで受ける事になった」と話し始めた。彼は「『脳セク時代』に出演するようになって創意的な問題に関心を持つようになった。『脳セク時代』に登場するゲストの方たちの中では、MENSA会員もいらっしゃった。最初に『脳セク時代』のプロデューサーが提案した時は怖くなった」と話した。
パクキョンは引き続き「それで公に知らせて受ければ後日落ちた時に恥ずかしいと思い、ひとりで申し込んでこっそりと受けに行った。今日結果が出たが、会員に加入することになったという消息を聞いて嬉しい」と付け加えた。
MENSAは上位 2 %の IQ (知能指数) を持つ人達が参加する国際グループで、人類の利益のための私的研究、会員間の親睦交流などの目的を持つ非営利団体だ。韓国国内ではリポーターリュ・シヒョンが会員であり、パクキョンも天才脳グループに合流することになった。
パクキョンは「公式的に“脳がセクシーな男”だと認める事になるのか」という問いに「“脳がセクシーな男”という言葉は色々な分野に適用できる言葉なので(僕には)身に余る称賛。今回の事をきっかけに僕をお知らせできて幸せだ。人々が僕を知って、このような関心が音楽につながったら嬉しい」と願いを表わした。
特に彼は「もっと寒くなれば、ソロの音楽もお聴かせできる機会がある。期待して欲しい」と重ねて頼んだ。
一方パクキョンは『脳セク時代』を通じて、Block Bの活動時とは違う魅力を発揮して人気を得ている。最近ではグループ活動と共にソロ活動を併行し、歌手としての位置づけを強固なものにしている。