Apinkの成長は、それ自体“レボリューション”

1枚の水彩画のような姿でApinkが帰ってきた。今まで見せた清らかさが童話の本だったら、今回の新曲はギャラリーにかかった感性的な水彩画を観ているようだ。確実に成熟している。今まで“清純”の変化で変化を試みたApinkが、今回は見違えるように“進化”する姿で戻った。約1年2ヶ月ぶりだ。
本当に粘り強いチームではないか。今年で6年目を迎えた彼女たちは、今まで清らかさを前面に出して“オタク層”を夢中にさせ、いつの間にか“清純”の代名詞になった。確実なコンセプトを中心に様々な変化を通じて、多少マンネリ気味になり得る部分を解消させて賢く頂上の座を守っている。
今回は“変化”から一歩進んで“進化”した。今年で6年目に入っただけに成熟した姿を披露する。今月26日0時からオンライン音源サイトを通じていっせいに公開された『Pink Revolution』はそのようなアルバムだ。
タイトル曲「私がドキドキできるように」にはもう少し注目してみる必要がある。これまでの成長をもの寂しく感じることができる曲だからだ。HIPHOPのリズムが加わったミディアムテンポのR&Bダンスジャンルに恋人への熱いときめきのメッセージを入れて雰囲気を充満させた。
繊細で、柔らかくて、暖かい。街の灯りでさえぎられた夜空の星のように美しいギターの旋律を基に、疲れた一日の終わりを暖かく包むApinkだけの感性的なボーカルがとても魅力的な曲だ。
「夢を見るように 疲れ果てた一日の終わりには/温もりでいっぱい私を包んでくれる/何となく寂しかった心はあなたの香りでいっぱいになって 永遠に夢を見られるよう/とても柔らかい香り 少し恥ずかしい震え/本当はね 私怖いの/胸が熱くなるように勇気を与えて/静かにぎゅっと私を抱きしめて」などの歌詞は、曲が与えるときめく雰囲気を最大化させる。
メンバーの成熟したボーカルと女性の香りをほのかに漂わせて作っていく雰囲気も、1枚の絵画のようだ。
ビジュアル的にも今までの姿とは全く違う。共に公開された「私がドキドキできるように」のミュージックビデオでは、メンバーの女性らしいコンセプトと成熟したビジュアルで“進化”する姿を見せる。清純な少女が女性へと生まれ変わったと感じる。
ゆっくり、そして着実に成長してきたApinkの成長は、それ自体“レボリューション”だ。