「人とペットが共存できる文化を拡散するために役に立てれば嬉しい」

CNBLUEカン・ミンヒョクが映画『吾輩は猫である』のナレーションに参加した。『吾輩は猫である』は韓国、日本、台湾3ヶ国の野良猫に対するドキュメンタリー映画で順天(スンチョン)湾世界動物映画祭の開幕作に選ばれた。愛猫のクンタッタ、ウムチチと共にグラビア撮影に参加するほどペット愛好家として有名なカン・ミンヒョクは、喜んで映画のナレーションに参加した。カン・ミンヒョクは「映画『吾輩は猫である』にナレーションで参加し、野良猫はもちろん全てのペットについて考えられる時間だった。人とペットが社会的に共存できる文化を拡散するために役に立てれば嬉しい」と感想を明らかにした。