「回復状態をチェックしてカムバック準備を調整」

SHINee(シャイニー)オンユの足首の負傷に対し、所属事務所SMエンタテインメントが経過を明らかにした。オンユは動きを最小化して休息を取ることにし、持続的に回復状態をチェックする計画だと明らかにした。
オンユは今月4日、ソウル市オリンピック公園内体操競技場で開かれたSHINeeの5th単独コンサートに上がった。終盤のステージでオンユは倒れ、右足首を捻るアクシデントが発生した。コンサートを終えた後、オンユは病院に運ばれ治療を受けた。
しかしオンユは緊急措置後に再び登場してエンディングおよびアンコールステージを消化した。当時オンユは「とても浮足立っていた。失敗を犯した。とても申し訳ない。今回お見せできなかったステージは、より多くの準備の後、皆さんにお見せする。申し訳ない」と目を閉じたまま涙を堪えて謝罪した。
SHINeeが所属する芸能事務所SMエンタテインメントは「オンユがコンサート中に右足首を捻った。しかしステージを最後まで終え、コンサートが終わった後に病院へ直行して検査を受けた」と伝えた。
関係者は「検査の結果、右足首をねん挫したものの幸い骨には異常は無く、動きを最小化して休息を取れば良いという診断を受けた。現在は保護のために半ギブスをした状態で、持続的に状態をチェックする計画だ」と状況を明らかにした。
さらに「SHINeeが今月中のカムバックを準備中だ。オンユも共に参加することに支障はないと思われるが、回復状態をチェックして調整する」と付け加えた。