「これ以上は望みません、今までのように一緒にいましょう僕たち!」

俳優チョン・イルが特級ファンサービスを見せた。
チョン・イルは公式ホームページを通じて9月4日に予定されたデビュー10周年記念のファン300人との列車旅行に関する言葉を伝え、ファンへ格別の愛情を表わした。
チョン・イルは「こんにちは。チョン・イルです。空だけを眺めたくなって、何となく気分が良かったり、あるいは理由もなく憂鬱になったりもする秋が来ましたね」と挨拶した後、10年前に自身の姿を振り返った。
引き続きチョン・イルは「30歳という重さもありますが、デビュー10年という事実だけで日々感謝する時を過ごしているこの頃です。もちろんその中心には、変わることなく10年をそばで一緒にいて下さった皆さんがいるということが、心から一番の幸せで胸がいっぱいです。俳優として最も重要なのは“自信”だと思いますが、その自信の原動力には皆さんの暖かな応援と支持がベースになります」とファンへの深い愛情を見せた。
さらにチョン・イルは「それで今回『シンデレラと4人の騎士』の“カン・ジウン”を選択する時には配役に対する十分な共感、面白い台本も重要でしたが、僕がこの作品を通じて『僕のファンの皆さんに良い姿、ときめく演技をお見せできるのだろうか?』というのが選択基準に最も大きく作用しました。そのような部分でチョン・イルが表現する『シンデレラと4人の騎士』のカン・ジウンは、皆さんにどんな姿に映るのか気になります」と明らかにした。
引き続き「昨年この時期に出演を決定して撮影をして事前製作ドラマを撮影してみると、どうしてもファンの皆さんの反応をリアルタイムで受け取れないので、『上手くできているのか』と心配になった。それから一方では入念に準備を重ねただけに、より良い結果をお見せしたい気持ちも大きかったので、さらに熱心に集中してできました」と事前製作ドラマを準備して体験した悩みなどを正直に打ち明けた。そして劇中演じるカン・ジウン役に対する自身の考えも付け加えて、ファンと共に呼吸しようとする意志を見せた。
さらにチョン・イルは、9月4日に予定されたファン300人との無料の列車旅行に対する話も共に伝えた。「不思議なほど天気が良くなって遊びに行きたい季節です。そして僕たちは本当に遊びに行きます。いつなのかご存知ですよね?9月4日、日曜日。5年前に皆さんと初めて野外にでて体育大会を楽しんで、皆さんがアウトドア体質というのが運命的に分かりました。約束通りに準備したデビュー10周年のMT(親睦旅行)にいよいよ行きましょう。僕と共にする列車旅行を期待していたでしょう?僕はその日だけを待って楽しい想像をしています」とファンとの旅行に対するときめきを表わした。
引き続き「皆さんが忘れてはいけないのは、一に安全、二も安全です。引率者として多くの人数が共にするので、ただ1人もケガをせず具合も悪くならずに帰ってくることが最も重要です。小言に聞こえるかもしれませんが、お互いにしっかり準備をして何の事故もない10周年の列車旅行になることを期待します。一緒に話を交わしてご飯を食べるだけでも楽しい時間ですが、なかなか集まれない僕たちが大切な時間をあけて集まるのだから僕も気をしっかり引き締めて、楽しい思い出を作るために何度も考えています。僕たち、今週に会いましょう!浮かれずに、こんな時だからこそ風邪に気を付けないといけない事は分かっているでしょう?」と旅行を控えて注意すべき点を伝えた。
最後にチョン・イルは「今週も『シンデレラと4人の騎士』もお見逃しなく。これ以上は望みません、今までのように一緒にいましょう僕たち!」と挨拶してメッセージを終えた。
『シンデレラと4人の騎士』の放送の感想はもちろん、300人のファンたちに無料の列車旅行まで用意したチョン・イル。忙しい海外スケジュールの渦中にもファンと作品に向かった格別の愛を見せるチョン・イルの歩みが注目される。