韓国語、日本語、英語を行き来する多国籍の多彩なステージを届ける

人気バンドFTISLANDのイ・ジェジンが日本で単独ファンミーティングを盛況裏に終えた。
イ・ジェジンは先月28日、東京・中野サンプラザで2回にわたり自身初の日本単独ファンミーティング「イ・ジェジン(from FTISLAND) 1st Solo Fan Meeting in Japan -眞様(JIN SUMMER)-」を開催してファンたちと会った。
FTISLANDのベーシストであるイ・ジェジンは今回のファンミーティングで流暢な日本語で日本人ファンとトークを広げたのはもちろん、様々なゲームを導いて温かな雰囲気を作った。引き続きイ・ジェジンがボーカルとして参加したFTISLANDの3人組ユニットFT.tripleの「Love Letter」「Far away」を熱唱してボーカルとしての才能を発揮した。
それだけでなく野菊の「心配しませんあなた」、日本の歌手My Little Loverの「Hello Again ~昔からある場所~」、いきものがかりの「サクラ(SAKURA)」およびアメリカのR&B歌手ブライアン・メクナイトの「Back at One」まで、韓国語、日本語、英語を行き来する多国籍の多彩なステージを届けて会場を感性震わす声で染めた。
イ・ジェジンのレベルの高い歌の実力に日本のファンたちは熱い歓声を送った。イ・ジェジンは「初めてのファンミーティングを開くことになり感謝する。皆さんのおかげで忘れられない夏になるだろう」と感想を伝えた。
イ・ジェジンが所属するバンドFTISLANDは今年7月、6thアルバム『Where’s the truth?』でビルボードワールドアルバムチャート5位にランクインするなど、グローバルな人気を立証した。9月からは日本8都市12公演にわたるオータムツアー「FTISLAND AUTUMN TOUR 2016 – WE JUST DO IT」を進めて日本活動に拍車を加える予定だ。