『モーツァルト!』の光州、金海公演は出演中止に

SUPER JUNIORのキュヒョンが声帯結節によって活動をしばらく休止する。キュヒョンは声帯結節によって早急な治療が必要な状態で、音声休息が必要だという医師の所見により活動をしばらく休止し、今後2~3週間は声帯治療および回復に専念する予定だ。最近キュヒョンはミュージカル『モーツァルト!』でヴォルフガング・モーツァルト役を担って今年6月から2ヶ月間、世宗(セジョン)文化会館大劇場で開催されたソウル公演および8月20日、啓明アートセンターで進行された大邱(テグ)公演を無事に終えたが、声帯結節によって今月27日の光州(クァンジュ)文化芸術会館大劇場、9月3~4日の金海(キムヘ)文化芸術会館で開催される公演にはやむを得ず参加できなくなった。キュヒョンは今後予定された様々な活動スケジュールを無理なく消化するために声帯治療に集中、回復状態によって活動再開時期を決める予定だ。