「ミュージカルに挑戦して正解だった」

2011年に歌謡界へデビューし、国内外を行き来して活発に活動を広げているアイドルグループBOYFRIENDのジョンミンは「23歳、悩み真っ只中」と笑う。眠れない夜が増える頃ミュージカル『ペスト』に会った。ただ面白そうだ思って始めたが、練習を重ねるほど恐ろしくなった。公演前日は逃げたい程のプレッシャーに耐えねばならなかった。成功の裏で初めての舞台を終えた後、初めて歌って演じる楽しみを知った。
Q.ミュージカルを始めた。未経験のジャンルなので簡単ではないだろう。
ジョンミン:話す時や行動する時のささいな習慣から直した。姿勢などが変わった。立っている時は少し猫背だったり、人の目を見て話すのもぎこちなかったがもう変わった。舞台の上で台詞を言わなければならないので、目でも語らないといけない(笑)。序盤は難しかったが、今は自然になった。歩く時、リズムに乗っていたそうだ。気づかぬ癖だったが、そういったことを直した。
Q.姿勢を突然直そうとすると体が痛いのではないか。
ジョンミン:そうだ。初めは体が痛かった(笑)。少し曲がっている状態からまっすぐ正しい姿勢を取ろうとすると、筋肉が痛かった。もう慣れた。
Q. 初めての挑戦でもあり、変えなければならないことが多くてストレスだっただろう。
ジョンミン:本当にとても悩んだ。几帳面にして人生に溶け込んだ。話す時も言葉を濁すほうだったが、今ははっきり言うようになった。自身にもとても良い影響を及ぼすようだ。
Q.グループ生活はしてみたが、作品を作る俳優、スタッフらと練習する時間はまた違う気持ちだっただろう。
ジョンミン:何が何でも先に近付こうと努力した。チームでも末っ子だから雰囲気も明るくして、愛嬌も見せた。本当に兄さんたちが可愛がってくれる。感謝するだけだ(笑)。
Q.公演日が近づくほどプレッシャーもきつくなったと思うが、どんな気持ちだったのか。
ジョンミン:序盤は練習する時、面白いと思った。1ヶ月が過ぎて初めてのランスルー(実際の公演のようにする練習)をする時には「大変なことになった」という気持ちだけだった。公演の前日はストレスが最も強かった。逃げたかった。台詞は全て合わせたし歌も覚えて、完璧だと思ってもまだ分からないのだから。
Q.初めての公演を終えてどうだったか。不思議な気持ちになりそうだが。
ジョンミン:初めての公演を終えた後は色々な感情が交差した。さっぱりしたこともあったし大きな失敗はなかったが、個人的に残念な部分が多いような気もした。兄さんや姉さん皆が上手かったと褒めてくれて、僕を見ると抱きしめる兄さんたちもいる。本当に大きな力になる。舞台に上がっても心強い。僕が台詞を少し変えても、兄さんたちは全て合わせてくれそうな信頼がある。
Q.初めてと比較して少しずつ余裕ができたのではないか。
ジョンミン:今日はどんな動作、どんな表情をすべきだと準備する。どのように変化をつけようかと考えるが、台詞を言う時も次の台詞ではなく感情に対して考えられるようになった。音楽も聴こえて相手俳優の台詞も聞こえて余裕ができたようだ。初めはそうではなかった(笑)。
Q.ミュージカルを始めて正解だったという気がする。
ジョンミン:本当に正解だった。悪い習慣もたくさん直したし、良い縁が結ばれて学んだことも多い。『ペスト』にこのような大使が出てくる。「人生というのは幸せでない瞬間もこのように光り、美しく、華やかだ。僕たちの人生は幸せでない瞬間がない」というものだが、その言葉を聞いて今まで良くない考えで生きたんだなぁと思った。常に欲を張っていたし、足りないと思っていた。心配事が多くて、悩みも多かった23歳の夜が吹き飛んだ。
Q.どんな悩みだったのか。
ジョンミン:僕の悩みは常にBOYFRIENDだ。常にそこにポイントがある。うまくいった、ダメだったという次元を離れて幸せに活動できるのかという考え。もうどうすれば良い思い出を作ることができるのだろうかという気持ちだけだ。成功に目がくらんで走ってばかりよりも、笑って幸せに日々を過ごしたい。時が流れて前よりより多くのものが見えて苦労したようだ。知らない方が幸せなこともあるという大人たちの言葉は間違っていない(笑)。
Q.今後のビジョンはどのように描いているのか。
ジョンミン:人生を幸せに楽しみたい。それでも欲を持たず、熱心にしないということとは違う。ストレスを受けずに、周辺の人々が僕たちと仕事をする時に幸せだったら良いだろう。楽しく仕事をしていたらある瞬間、満足するほどの成果も出せるのではないだろうか。一生音楽のもとで演技をして歌うつもりだが、走ってまた歩いたりもして周りも見渡したい。メンバードンヒョンのミュージカルを観たときに「早く歩いていくにはひとりで行って、ゆっくりじっくり行くなら共に歩いていこう。少し遅くとも大丈夫だ」という言葉があった。胸に響いた。
Q.BOYFRIENDの活動はどのように進行されるのか。
ジョンミン:日本でアルバムを制作中だ。曲のストックがたくさんある状態だ。今は慎重に曲を出さなければならないと思う。大切なアルバムがひとつずつできる気持ちだ。どんなアルバムでカムバックしようか、方向性を探している。準備する過程も全てがみな大切だ。
Q.ジョンミンにとってBOYFRIENDはどんな意味を持つのか。
ジョンミン:そのまま“僕”だ。常に話すことだが、メンバーはもう家族だ。家族それ以上の存在だと言わなければならないと思う。仕事が遅く終わってご飯を食べる時にひとりで食べるのが嫌な時はいつもメンバーを探す。会社からはもう各自で住めと言われているけど、僕たちは宿舎生活が気楽だと一緒に住む(笑)。いなければ何となく寂しくて、楽だ。そのような意味を持つ。また違う5人の兄弟を得たようだ。今メンバーは日本で休息を楽しんでいるが、僕も作品が終われば旅行に行く(笑)。