モダンなジャズの雰囲気をアレンジしたポップジャズ曲

SHINee(シャイニー)のオンユとイ・ジナが会う。SMエンタテインメントが27回目のSTATIONの主人公はSHINeeのオンユとアンテナミュージック所属のシンガーソングライターイ・ジナという事実を明らかにして、もう一度特級コラボレーションを予告した。オンユとイ・ジナのデュエット曲「夜と星の歌」はドラマチックなピアノの旋律と歌を暖かく包むコントラバスのサウンドをベースに、モダンなジャズの雰囲気をアレンジしたポップジャズ曲で、童話のような叙情的な感性をメロディに込めた。一方オンユはSHINeeの活動だけでなく、最近人気のなかで放映が終了したKBSドラマ『太陽の末裔』を通じて俳優としての姿を見せたのはもちろん、tvNの新バラエティ「食べて寝て食べて」(原題)に出演など多彩な魅力を認められているだけに、2人の出会いはさらに関心が集中すると期待されている。