「一日中電話が来るタイミングばかりを待つ」

チャン・グンソクのときめきいっぱいの姿が収められたティザー映像が公開された。
tvNバラエティ「私の耳にキャンディ」は自分の話に耳を傾ける匿名の友人“キャンディ”との秘密の通話を通じて、疎通するリアリティ番組だ。見かけは華やかな生活を送っているスターが、誰か分からない匿名人物と通話して、今まで明かさなかった自身の日常や悩み、夢など内心をさらけ出す。
名前も年齢も分からない“キャンディ”が誰なのかを推理する面白味と共に、自身の話を親身に聞いてくれる秘密の友人と特別な友情を育む姿に、暖かな共感が生まれると予想されている。
製作スタッフが公開したティザー映像では、チャン・グンソクから今まであまり見られなかった風変わりな姿が含まれていて関心を集める。ファンの声援を受ける華やかな韓流スターの人生の後ろに孤独を感じたチャン・グンソクが、自身のキャンディと通話してときめきを感じる。
ティザー映像でチャン・グンソクはキャンディから電話がかかってきてビックリした表情を見せた。そして気が合ったように楽しく笑う姿が視線をひきつける。さらに電話が切れるとすぐに足をばたばたさせて混乱する彼の姿も新鮮さを与える。
チャン・グンソクは「(いつも)電話が来ない。誰かのそばにいれたら嬉しい」として、「相手が誰なのかも分からないのに電話をしてときめくのも初めてで、一日中電話が来るタイミングばかりを待つ。僕もまだ(こういう)僕が信じられない」と明らかにして、番組で見せる彼の姿に期待が寄せられている。
ティザー映像の最後には“キャンディ”がチャン・グンソクに「私たち会おうか?」と話して妙な空気を作り出し、“キャンディ”の声と共に後ろ姿が公開された。果たして正体は誰なのか、興味を引いている。