ドラマ撮影現場でムードメーカーを自任

ソ・イングクの可愛い姿が引き立って見えるビハインドカットが公開された。ソ・イングクの公式SNSチャンネルにOCN金土ドラマ『38師機動隊』の“ヤン・ジョンド(ソ・イングク)印”の愛嬌溢れるビハインドカットが公開された。写真の中でソ・イングクは反射版を持ってカメラに向かって可愛い微笑みを浮かべているかと思えば、マ・ドンソクの膝に寄り添って母性本能をくすぐる愛嬌で微笑みを誘う。さらに他のカットでは、壁に隠れて少しだけ顔を出している姿で現場の雰囲気を和気あいあいとさせている。劇中で光らせるアイディアと戦略が引き立って見える詐欺師の裏側として時々公開された“プロの愛嬌担当”としての人間的な魅力が表れて注目を浴びた。ソ・イングクは現場で同僚の俳優とスタッフを笑顔にさせるムードメーカーであり現場を和ませる“愛嬌担当”だと明らかになった。