ひまわりのような彼の愛を一身に受ける女性は誰?

tvNドラマ『シンデレラと4人の騎士』のハヌル家の三男カン・ソウに変身したCNBLUEのイ・ジョンシンのキャラクターカットが公開された。
公開されたスチールでイ・ジョンシンは、夜でも蛍光灯100本をつけているような爽やかな微笑みを飛ばして路上でバスキング(路上公演)を楽しむかと思えば、ファンたちの熱気に満ちた公演会場でステージを楽しんでソウルフルな姿を発散している。イ・ジョンシンは眩しい黄色いニットで視線をひきつけた後、誰もが心を奪われる笑顔で女心を魅了している。
特に歌手CNBLUEのメンバーであるイ・ジョンシンは同ドラマを通じて、ドラマと現実を行き来する芸能人としての姿を披露する。
彼が引き受けたカン・ソウは少女の憧れだ。彼が行く場所ごとにファンが溢れ、歌手として認められているという点は現実のイ・ジョンシンと似ていてドラマを見る面白みを増している。
製作スタッフによれば、イ・ジョンシンは現場感を生かすために弘大(ホンデ)周辺で進行された別名“ひよこバスキング”(黄色い服を着た路上公演)の撮影で、自然にエキストラらの歓声を引き出して雰囲気を熱くした。余裕を感じさせるストリートパフォーマンス姿でスタッフを驚かせたという彼が見せるカン・ソウとのシンクロ率に期待が高まる。
さらにハヌル家三男カン・ソウは全女性のロマンである、1人の女性だけを見つめるひまわりのような姿で視聴者たちの心をさらに高鳴らせる予定だ。
これと共に公開されたポスターでイ・ジョンシンは、柔らかい目つきでじっと誰かを見つめている。「君を見ると僕の頭の中に音符が浮かぶ」というまるで歌詞のように甘いキャッチコピーは誰に向けられたものなのか、ひまわりのような彼の愛を一身に受ける女性は誰なのか興味を引いている。
製作会社は「イ・ジョンシンは実際に歌手活動をしているので、カン・ソウ役により一層上手く溶け込んで、ドラマの完成度を高めることができた」としながら「カン・ソウが少女の憧れであり天才シンガーソングライターなだけに、公演現場での情熱的な姿が公開される予定で、今後公開される話に多くの期待をお願いする」と伝えた。