共通点が多い2人、長い間真剣交際を続けている?!

最近、俳優や歌番組のMCなどで活動領域を広げているCNBLUEの“イケメンドラマー”カン・ミンヒョクが熱愛中だ。相手は同じ芸能事務所FNCエンターテインメントに所属する91年生まれの同い年の女優チョン・ヘソンだ。2人とも容姿端麗な美しいカップルだ。
カン・ミンヒョクとチョン・ヘソンをどちらも知っているテレビ局関係者は「同い年のカン・ミンヒョクとチョン・ヘソンは、かなり長い間真剣に交際をしている。慎重に付き合っているが、2人の側近と家族は全員知っている事実」だと明らかにした。
関係者によれば、カン・ミンヒョクはチョン・ヘソンの家の前に行ってプレゼントを贈るなど“ロマンチック・ガイ”の容姿を遺憾なく発揮している。彼は「カン・ミンヒョクはとても誠実で、まめな性格に定評がある。チョン・ヘソンも同じだ。2人とも職業が芸能人という共通点があり、同い年なのでお互いを理解しあっている。猫を飼っていて生け花が趣味という点も同じだ。多くの部分で共感する部分が多い、誰か見ても羨むほどのカップル」と説明した。
カン・ミンヒョクとチョン・ヘソンはまず“花”が好きだという共通点がある。「私は一人で暮らす」出演当時、カン・ミンヒョクが趣味で生け花をするシーンが出てきたが、最近も暇ができればときどき生け花のクラスに通って授業を受けているという。チョン・ヘソンの趣味も生け花だ。クラスは違うが、チョン・ヘソンもしばしば生け花教室に通っている。
2人は猫好きで、飼っているという点も同じだ。カン・ミンヒョクは“チチ”と“タタ”を飼っていて、チョン・ヘソンも自身が9年間育てる猫“チュンボ”の写真をSNSによく上げている。
カン・ミンヒョクは最近チームの同僚ジョン・ヨンファとイ・ジョンヒョンがインサイダー取引容疑で検察の調査を受けた後、それぞれ“嫌疑無し”と罰金2,000万ウォンの略式起訴処分を受けた中で、CNBLUEメンバーのうち最も起伏なしに活動している。バンドのドラマーとしてだけでなく様々な分野へ活動の幅を広げている状況だ。最近KBS 「ミュージックバンク」のMCを務め、SBSドラマ『タンタラ』でチソン、ヘリと共に主演俳優として活躍した。今月4日には中国のバラエティ番組「大牌対王牌」の“一重が魅力的なスター”特集に参加するなど、アジア圏を行き来して忙しい毎日を過ごしている。