有名芸能人所属の情報を知った時点と株式取り引きの経緯などを集中的に調査

人気バンドCNBLUEのジョン・ヨンファがインサイダー取引の疑いで検察に召喚された。ソウル南部地検金融調査第2部は、資本市場と金融投資業に関する法律違反容疑でジョン・ヨンファを召還して調査したと今月28日、明らかにした。ジョン・ヨンファは所属事務所に有名芸能人が所属するという情報をあらかじめ入手して株式を大量に購入して再び売却し、約2億ウォンの相場差益を得た容疑を受けている。ジョン・ヨンファは昨年7月初め、約4億ウォンで株式を購入後、約6億ウォンで売却してわずか1週間で約2億ウォンの利益を残したことが分かった。検察はジョン・ヨンファが有名芸能人所属の情報を知った時点と株式取り引きの経緯などを集中的に調査している。さらにFNC代表ハン氏とFNC所属芸能人に対する調査も追加で進行している状況だ。