舞台挨拶、動線ルート変更…ファン思いのイ・ミンホ

イ・ミンホの中国映画デビュー作のプロモーションイベントが安全上の問題で取り消しになる騒動が起きたが、イ・ミンホは出来る限りファンたちに近付くファンサービスを見せた。
イ・ミンホ所属事務所MYMエンターテインメントによれば今月25日、中国・広州でイ・ミンホの初めての中国進出作『バウンティー・ハンターズ』のプロモーション・ロードショーが進行される予定だったが、イベント直前に安全上の問題で中止になった。数千人が一度に集まったためだ。以前にプロモーションが開かれた西安、福州でイベント会場の収容人数を大幅に上回る人が集まり、入場制限をかけた主催側がそれよりもっと強い姿勢を出したと言える。
イ・ミンホは今月11日の北京映画祭を始まりに、本格的な映画広報を始めて青島、蘇州、西安、福州地域までロードショーを行ってきた。イ・ミンホがプロモーションを進める度に数千人のファンが共に移動し、この日広州には週末をむかえて普段よりもより多くのファンがイベント会場に駆け付けた。当日午前のロードショー取り消しの便りが伝えられると、雨が降るなか早朝からイベント会場を訪れたファンは茫然自失した。
自身を見るために中国各地で広州を訪れたファンを失望させたまま帰すことができなかったイ・ミンホは、自ら主催側に要請して取り消しになったイベントを映画試写会に変え、ファンが映画を観覧できるように配慮した。これだけに終わらずサプライズで舞台挨拶に立ってファンと顔を合わせた。
イ・ミンホの登場に劇場内はあっという間に歓声と叫び声で埋まった。感極まったファンは涙も見せた。舞台に立ったイ・ミンホは「今日のイベントが取り消しになって、サプライズでご挨拶することになった。広州に久しぶりに来たが、新しい作品を持ってここに立てて嬉しい。今日、僕の初めての中国進出作といえる『バウンティー・ハンターズ』を楽しんで観て、また会う時まで元気でいつも幸せでいることを望む」と話した。前の席で泣いていたファンをなだめる姿も見せた。
それだけでなく、イ・ミンホは人員制限で試写会に参加出来なかった数多くのファンたちがホテルの前でイ・ミンホを待っているという便りを聞いて、警備員の引き止めにも関わらず動線を変更して自身を待つファンたちの元を訪れて挨拶するファンサービスを見せてファンを感動させた。
イ・ミンホの初めての中国進出作『バウンティー・ハンターズ』は今月22日の試写会を通じて初公開されたのに続き、中国で事前チケット前売り率70%を突破して1位を占めた。Baidu(バイドゥ)など有名ポータルサイトの各種映画関連検索ワード1位に上がるなど、期待と関心を一身に受けてヒットに青信号を点灯させた。