どんな質問にも誠実に答えるセフンに好感度上昇↑

EXOのセフンが“本物のコミュニケーション”に出た。ファンたちの質問に何でも答えて、面白味とファンへの愛情を同時に伝えた。
アイドルグループEXOのセフンは今月22日、NAVERのLIVE映像配信アプリ「V」で配信された「セフンの細かい末っ子さん」を通じて、ファンたちの質問に答える時間を持った。セフンは2,000件に達するファンたちの質問の中から数種類を選択して答えた。EXOのメンバーがトレーニングにどっぷりハマっているという事実を公開した後、「トレーニングをするから元気になって、考えやマインドが全て良くなる」と満足そうに答えた。それだけでなく、仲の良いメンバーベクヒョンの“噛み癖”を暴露して面白味を伝えた。
不仲説、いじめ説に対してもはっきりと立場を明らかにした。セフンは「メンバーとは本当にみんな仲が良い。不仲やいじめなどは絶対に無い。そんなことはなく、まんべんなくみんなが親しい。それこそEXOがちゃんと維持されて“常勝疾走”できる秘訣だ」とはっきり答えた。
ファンへの愛も格別なものだった。セフンはファンたちの合唱と関連し、「頭からつま先まで鳥肌が立つ。雷に打たれたように衝撃が走る。いくら辛く疲れても、ファンたちの歓声を聞けばエネルギーが突然爆発する。いつもファンに感謝している」と明らかにした。「機会があればファンと話をしてみたい」と話したセフンは「ファンたちの僕たちへの愛に驚く時がある。僕たちもそれに応え、感謝を表現しようともっと素晴らしく成長しようと努力する」と話して愛情を表わした。
「アルバムをもっと買いましょうか?15枚だけじゃ足りない」と質問したファンには「皆さんがお小遣で買うなら認めるが、両親にねだってCDをたくさん買うのは反対する。アルバムをたくさん買って下さるのは感謝するが、皆さんがアルバム買うお金で愛する家族、友だちとおいしいもの食べる方が僕はもっと嬉しい」と話して感動に包まれた。
困難を克服する方法を尋ねた質問にも素直に口を開いた。セフンは「全ての人が幸せなばかりじゃない。僕はスランプに陥ると、友だちやメンバー、マネージャーと思い切り遊ぶ。それでこそ、その次に向かって走って行けた」と付け加えた。
全国ツアーコンサートをして欲しいというファンたちの要請にも「メンバーともこの話をした。僕が代表で会社に提案してみる」と真剣に答えた。ファンたちと旅行に出発するコンセプトのイベント企画、リアリティープログラムに出演したいという希望もためらいなく発言した。ファンの声に一つひとつ耳を傾けようとするセフンの姿が印象的だった。
セフンは几帳面できめ細やかなQ&Aタイムを進行し、質問に最大限詳しく答えてファンたちを幸せにした。特に全ての質問に“ファンへの愛情”を感じる姿は「細かい末っ子さん」という番組名に合っているという反応だ。一方EXOのセフンに続きスホが次の生放送の走者に出る。