「何でも第3者の立場で冷静に考えようと努力」

もう俳優という修飾語がとてもよく似合う、アイドルグループMBLAQ(エムブラック)出身の俳優イ・ジュンがファッションマガジン「CeCi」と会った。
タイ・プーケットの某リゾートで進行された今回のグラビアは、夏のロマンを楽しむイ・ジュンの爽やかで初々しい魅力を自然なアングルで表わした。イ・ジュンは蒸し暑い気候でもスタッフらと旅行に来たようだと終始笑顔を失わなかった。海辺で撮影する時は波に何度も情熱的に挑み、最高の写真を作るために努力してスタッフの拍手を受けた。
グラビア撮影後に続いたインタビューでは、自分の演技に対する客観的で冷静な評価と俳優という職業に対する率直な意見を聞かせた。「自ら自分の演技に辛い評価を下す理由は、僕の頭の中に閉じ込めて見るべき事を見られないかも知れないからです。何でも第3者の立場で冷静に考えようと努力します。様々な方式で演技のモニタリングをしますが、バッシングしたい所も多いです。僕の目にも短所がまざまざと見えるので、そのような指摘も全て認められます。短所も知って指摘も受け入れるのに発展に繋がらなければ、全面的に僕のミスでしょう。
バラエティを通じてケチなイメージが強いが、最近では『ヴァンパイア探偵』を共に苦労しながら撮影したスタッフに価格とは関係なく欲しいものを尋ねてプレゼントしたそうだ。使うべきところにはしっかり使える男だと笑った。スケジュールを終わらせ、サプライズイベントで「CeCi」Facebook LIVEを通じてプーケット現地でファンたちと楽しくコミュニケーションを取る姿を見せた。魅力溢れる俳優イ・ジュンの赤裸々インタビューとより多くのグラビアはファッションマガジン「CeCi」7月号とモバイル(www.ceci.co.kr)で閲覧可能だ。