制作スタッフの期待に応えるかのようにカン・チョルに完璧変身

俳優イ・ジョンソクが全ての面で能力が卓越した“スーパー財閥”に変身する。
MBC新水木ミニシリーズ『W-二つの世界』側は主人公カン・チョル役を担ったイ・ジョンソクの初めてのスチールカットを公開して関心を集めた。
初公開されたスチールカットにはカン・チョル役になりきった俳優イ・ジョンソクの姿が収められて注目を浴びている。セクシーな頭脳の持ち主からにじみ出る余裕あふれる微笑みと共に若くして青年財閥に登りつめた彼の洗練された雰囲気は、『W』に対する興味を高める。
キャスティング候補1位だったイ・ジョンソクは、制作スタッフのこのような期待に応えるかのように100%カン・チョルに変身してカメラの前に登場した。
『W』は2016年ソウル、謎のスーパー財閥カン・チョル(イ・ジョンソク)と好奇心旺盛な外科医オ・ヨンジュ(ハン・ヒョジュ)が同じ空間、違う次元を交差して繰り広げるロマンチックサスペンスメローだ。
イ・ジョンソクが『W』で引き受けた役は市価総額1兆5,000億ウォンに達するベンチャー企業の創業者であり、8,000億ウォンの資産を所有した青年財閥カン・チョル。大富豪であり正義感まで備えた魅力満点の男性主人公だ。
イ・ジョンソクは現在カン・チョル役になった状態のまま、現場でチョン・テユン監督と意見交換をして魅力的なカン・チョル役を作り出すために渾身の力を注いでいるという。『W』の制作会社は「イ・ジョンソクではなくカン・チョルにしか思えないほどイ・ジョンソクさんは演技に力を注いでいる」としながら「暑い気温の中でも玉の汗を流して熱血撮影中のイ・ジョンソクが作り出す魅力的なカン・チョルを期待して欲しい」と伝えた。