いかなる意図や設定もなくありのままのメンバーを描き出す

デビュー10周年を記念したプロジェクトを予告したBIGBANGの最初のプロジェクトは、映画『BIGBANG MADE』だった。
YGエンターテインメントは公式ブログ(www.yg-life.com)およびSNSを通じて、映画『BIGBANG MADE』のポスターを公開してBIGBANGのデビュー10周年初めてのプロジェクトを紹介した。
6月30日、CGVで単独公開を確定した映画『BIGBANG MADE』は、韓国・ソウルを始め北中米、オセアニア、アジアなど13ヶ国32道市66公演150万人を動員したBIGBANGの2ndワールドツアー「MADE」を扱った映画だ。
2015年4月から今年3月まで続いたBIGBANGのワールドツアーを表わした今回の映画は、ステージ上の華やかでプロフェッショナルなBIGBANGの姿だけでなく、BIGBANGではない20代の青年たちの飾らぬ姿をそっくり表わした。
映画のインタビューの中で「僕たちは全員BIGBANGになるために生まれた人々だと思います」という言葉のように、もうクォン・ジヨン、トン・ヨンベ、チェ・スンヒョン、カン・テソン、イ・スンヒョンという平凡な20代の青年とBIGBANGのメンバーという境界が無意味なほど彼らの姿がよく現れている。
メンバーの要請により、いかなる意図や設定もなくBIGBANGの素顔をいきいきと表わしたのはもちろん、ツアー期間中に並行した再契約に関する率直な心情、ステージ上で見せるカリスマ溢れる姿とは180度違う茶目っ気たっぷりな姿まで、今まで10年間BIGBANGは私たちのそばにいたが、私たちが知ることは出来なかったBIGBANGの新しい面を再発見できる作品になるだろう。
今回の映画はマルチプロジェクションが設置された特別な映画館Screen Xでも上映される。ライブシーンを通じて、まるで公演会場に来ているような気持ちを感じることができ、より一層臨場感を感じることができる。
BIGBANGはデビュー10周年のプロジェクト第1弾である映画『BIGBANG MADE』以後も次々と他のプロジェクトを公開する予定だ。