明るくてポジティブな若者を演じた以前の姿とは全く違った魅力

女優パク・シネがSBS新月火ドラマ『ドクターズ』で帰ってくる。
『ドクターズ』がクランクインし、現在撮影真っ最中であるパク・シネは、約35秒の第1次ティザー映像での姿と医師に変身した撮影スチールだけでも、180度異なる変身を予告した。パク・シネは劇中、反抗的な問題児から過去の傷を癒して医者になるユ・ヘジョン役を熱演している。
所属事務所が公開したティザー撮影のビハインドスチールの中でパク・シネは白衣を羽織って考えにふけった姿を見せている。医者に変身したパク・シネの深みを増した目つきと奥ゆかしい美貌が注目を浴びている。
先立って公開されたティザー映像でパク・シネは、開始から強烈な姿で視線をひきつけた。「お前はいつまでこんな風に生きるんだ」というナレーションと共にナイトクラブで人々に囲まれて拳をよけるパク・シネの反抗的な目つきとアクションは、明るくてポジティブな若者を演じた以前の姿とは全く違った魅力を漂わせた。
降り注ぐパンチの嵐をよけて道を走る問題児時代から白衣を着た現在に戻る短いティザー映像は、ユ・ヘジョンが真実の出会いを通じて、いかなる変化と成長を体験することになるのか、気がかりなことをかもし出す。
パク・シネは劇中、喧嘩が強いヘジョンのアクションシーンの撮影のために特別な武術指導を受けて練習に臨み、熱い天気のもと玉の汗を流したという。
パク・シネ側は『ドクターズ』で過去の傷を克服して堂々と成長するユ・ヘジョンは、今年のパク・シネの最も素敵な挑戦になると期待感を表わした。関係者によれば、パク・シネは連日深夜まで続く撮影の中でも、爽やかなビタミンのように撮影現場を明るくしているという。