「平日の夕方で心配したが、こんなにお越しいただき感謝する」

キム・ジュンス(XIA)がデビュー後初めての野外ショーケースを成功させた。
キム・ジュンスは先月30日、COEX東門前広場で4thアルバム発売記念ショーケースを成功させた。約3,000人の観客が集まった今回の公演でキム・ジュンスは、4thアルバムのタイトル曲「ROCK THE WORLD
をはじめ収録曲を初めてライブで披露して江南(カンナム)のド真ん中を熱い雰囲気にした。
この日キム・ジュンスは客席から登場し、ファンのための特級イベントを華やかなステージでスタートさせた。1曲目「INCREDIBLE」でCOEX東門前広場をホットにしたキム・ジュンスは「XIAのショーケースに来られた皆さん、歓迎します。野外ショーケースは初めてですが、とても楽しいですね。平日夕方なので少し心配しましたが、こんなにお越しいただき感謝します」と最初の挨拶を伝えた。
引き続き「新しいアルバムが発売されましたが、どの歌が最も好きですか?」と尋ねると、ファンたちは「全て好きです」と叫んだ。キム・ジュンスはこれに対し「僕は皆さん全員が好きです」と答えてファンたちの歓声を引き出した。
キム・ジュンスは4thアルバムの新曲「MAGIC CARPET」を披露し、暑さを忘れさせるすっきりしたEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)に観客は夢中になった。その後儚いバラード「忘れないで」で観客を一気に魅了して熱狂的な雰囲気を続けた。
この日の公演のハイライトは、4thアルバムタイトル曲「ROCK THE WORLD」だった。前奏が流れるとすぐに3,000人のファンたちは歓声を上げた。8人のダンサーと共にステージに上がったキム・ジュンスは、見事なカル群舞(切れ味抜群の一糸乱れぬパフォーマンス)はもちろん、レジェンド級のライブで野外公演現場を掌握、COEX広場周辺にいた市民までも共に楽しめる幻想的なステージを作り出した。特に、先月30日に初めて披露した「ROCK THE WORLD」のパフォーマンスは、最初から最後までキム・ジュンスに夢中になるのに充分だった。
その後もキム・ジュンスのファンたちはずっと「アンコール」を叫び続け、再びステージに上がったキム・ジュンスは今春を熱くしたドラマ『太陽の末裔』のOST「How Can I Love You」を披露して華やかなフィナーレを飾った。キム・ジュンスはショーケースを終えて「野外で歌を歌うのはその特有な情緒を感じられて本当に良いですね。来て下さった全ての方に心から感謝します。今回のアルバムに多くの愛をお願いして、もうすぐある体操競技場のコンサートでしっかりと遊びましょう」という感想を伝えた。
一方4thアルバムのショーケースを成功させたキム・ジュンスは、6月11日にソウル体操競技場を始め、古屋、神戸、東京などでツアーを行う予定だ。