「季節感に合わせて野外でファンと息をしてエネルギーを発散したかった」

デビューして13年目になったキム・ジュンス。そんな彼が野外ショーケースを開く。中堅アイドルとしては簡単に開催しづらいイベントだが、その難しいことをキム・ジュンスはやり遂げてしまう。
所属事務所C-JeSエンターテインメントによれば、キム・ジュンスは今月30日午後7時30分、三成洞(サムソンドン)COEX東門前広場でアルバム発売記念ショーケースを開催する。4thアルバムを誰よりも先にライブで聴ける機会だ。
ほとんどの歌手は、アルバム発売と同時に室内の小さい場所で簡単にメディアあるいはファンショーケースを用意する。ところでキム・ジュンスのスケールは違う。韓国国内はもちろん全世界から集まるファンたちのために野外ステージを準備した。
これと関連してC-JeSエンターテインメント関係者は「夏に合わせたパワフルなパフォーマンスのダンス曲がタイトル曲だ。季節感に合わせて野外でファンと息をしてエネルギーを発散したかった」と野外ショーケースを用意した理由を明らかにした。
キム・ジュンスはJYJではもちろん、ソロ歌手としても途方もないファン層を確保したワールドスターだ。ひとりでも韓国最大室内公演会場であるオリンピック公園体操競技場を満員にできる数少ないアーティストだ。
関係者は「どうしてもファンが毎回チケットを手に入れるのが困難で、大衆とコミュニケーションを取れるところを探すのが重要だ。アルバム広報は海外ファンたちがいるツアーに合わされるので、コミュニケーションを取る場を作りたかった」と話した。
JYJが2ndアルバム活動の時、永東(ヨンドン)大橋前でコンサートを開いたりもしたが、キム・ジュンスひとりでは今回の野外イベントが初めてだ。“レジェンド級”の人波が集まることが予想される。大注目のイベントが30日に繰り広げられる。