「メンバーたちとの性格もそうだが、ビジュアルや能力の面で息がよく合った」

元KARAのメンバースンヨンがスター&ファッションマガジン「InStyle」6月号で進行したグラビアインタビューで爽やかなバリスタに変身した。
今年の初め、バリスタの資格を取った彼女は「元々果物やチョコレートで作った甘い飲み物ばかり飲んでいたが、体重調節のためにコーヒーを飲み始めた。空腹感を感じたり口寂しい時にコーヒーを飲めばちょっと解消される」と話した。さらに体形管理のためにピラティスを5~6年間行い、最近ではPT体操も併行している。
また「コーヒーは淹れる人、方法によって同じ原豆も味が変わる魅力がある」としてコーヒーの魅力を語った。「考え過ぎるタイプだが、コーヒーが落ちるのを見ていると、雑念が減る」とマインドコントロール方法として「視野が狭くなって、考えがあさっての方向に行き過ぎる前に、色々なものを学び挑戦して視線をそらすこと」を推薦した。
「ずっと趣味生活がなかったが、今このように好きなことを習って、家で楽しめるのは幸せななこと」と付け加えた。
KARAに対しては「正直、芸能分野は努力ではどうにもならない部分が多いが、その渦中で大きな愛を得られたのは運がとても良かったと思う。メンバーたちとの性格もそうだが、ビジュアルや能力の面で息がよく合ったし、そのようなチームにいられたこと自体が人生で最も大きい幸運だった」と内心を表わした。
スンヨンは今、本格的に演技をするためにトレーニングを受け次回作を選んでいる。一方スンヨンがバリスタに変身したグラビアとインタビューは「InStyle」6月号と公式ホームページで閲覧可能だ。