違反者のカバンがセキュリティースタッフに当たって目じりを負傷

少女時代が久しぶりに訪れた台北で、後味の悪い出来事を体験したと台湾メディアが伝えた。
少女時代は今月7日午後、台湾・台北アリーナで開かれたアジアツアーコンサートで「You Think」を1曲目に選び、8人のメンバーが登場した。その際、一部のファンが撮影のために接近してセキュリティースタッフと衝突を起こしたと今月8日、台湾・東森新聞などの中華圏メディアが伝えた。
現地メディアは少女時代が3年ぶりに台北を訪れたと伝えながら、約1万人が現場に集まり非常に熱い雰囲気だったと当時の状況を説明した。それと共に公演前に撮影機器の携帯を厳格に禁止したにも関わらず、一部のファンが小型のデジタルビデオを持って少女時代を撮影するために接近する場面が目撃され、セキュリティースタッフとこの撮影者の衝突が舞台の下で発生したと伝えた。さらに撮影者が振り回したカバンがセキュリティースタッフの顔に当たり、目じりを負傷する事態が発生したと伝えた。
主催は台北の現地警察へ直ちに通報して措置を頼んだと伝えられた。少女時代の公演主催側は「今回のことが単なるひとりの個別事件だと信じている。今後も一貫した撮影装置の搬入禁止措置を維持する」と現地メディアで伝えながら「ファンは規定を遵守して欲しい。舞台上の公演者とセキュリティースタッフを尊重して欲しい」と明らかにした。