制作費100億ウォン台の超大作に挑戦

大人気アイドルグループEXOのメンバー
ディオがキム・ヨンファ監督とタッグを組んで超大作に初挑戦する。ディオは映画『神と共に』に出演することを確定して最近監督と会い、細部的な計画を調整して自身の配役と映画の雰囲気に対する様々な意見を交わした。

今回の『神と共に』はディオが出演する4作目の映画で死後の世界で49日間広がる裁判を描いたファンタジーだ。ディオが引き受けた人物はウォン一等兵で、話の軸をなすメインの配役だ。今まで比較的規模が小さい映画に出演してきたディオが制作費100億ウォン台の超大作に挑戦してどんな姿を描くのかにも関心が集中している。