日本のために祈ってほしい

俳優チョン・イルが4月16日を哀悼した。セウォル号の惨事から2年を記憶すると同時に、熊本県や大分県で相次いだ大規模な地震の被害者のためにも祈った。チョン・イルは今月16日午前、2014年4月16日を忘れないという意味の“黄色いリボン”の画像を自身のInstagramに上げ、これ以上このような被害が起きないことを願った。

引き続き「日本のために祈ってほしい(Pray for japan)」というコメントも上げた。一方チョン・イルは最近東京で日本公式ファンクラブとファンミーティング「JUNG IL WOO FAN MEETING 2016 ~10thank you~ in Japan」を開いた。