「おじいさんになってもジョンシンが淹れたコーヒーを飲みたい。」

今年でデビュー7年目になったバンドCNBLUE.のジョン・ヨンファとイ・ジョンヒョンは“美少年”のおかげでスカウトされ、イ・ジョンシンとカン・ミンヒョクはオーディションを経てチームに合流した。開始は“美男”を前面に出したバンドだったが、彼らは会社が見繕った服だけを着て舞台に上がる事はなかった。自ら曲や歌詞を作ってプロデューシングをし、アルバムレコーディングの時もプロのセッションを使わずに自分たちで演奏する“自主製作”可能なバンドに成長した。最近ニューアルバム発売記念インタビューを通じて会ったCNBLUEは忙しいスケジュールで多少疲れた姿を見せたが、音楽に対する話が出てくるとすぐに目を輝かせて様々な話を繋いだ。単純にアイドルではない、創作活動をするミュージシャンが共通して感じる苦悩を主に吐露した。

Q:自作曲で活動すれば満足度が高い反面、プレッシャーも伴うようだ。
「僕たちの色は僕たちが一番よく知っているので、自ら作るのが正しいと思う。成績が良くない時にプレッシャーがその倍来るが、うまくいった時その快感も倍にくる。」(ジョン・ヨンファ)

Q:コンサートを見たが本当に音楽に夢中になって、楽しんでライブをしていた。最近までツアーをしたが、歌番組ではハンドシンク(録音に合わせて楽器を弾いたふりをすること)をしなければならない。演奏する立場としては確かに楽しくない舞台ではあるが、これを克服するノウハウがあるか。
「僕たちはコンサートに慣れているので、MRに合わせて演奏するふりをしなければならないのは退屈に感じるのは事実だ。時々虚しく揺さぶられた感じがするが、実際に演奏をしていると催眠をかけて演奏をする。」(イ・ジョンシン)
「テレビカメラと約束した事をしなければならないので、コンサートのように自由に飛び回る姿をお見せできなくて残念だ。それでも歌番組は大衆に新曲をお聴かせして僕たちを見せ、公演で歌える広報の役割を果たすので最善を尽くしている。」(イ・ジョンヒョン、カン・ミンヒョク)

Q:7年間作曲している。ヒット曲が増えるほど新曲に対するプレッシャーがかかるようだ。
「いつからかもっと胸を掴むメロディー、もっと強い歌詞、いわゆる“ヤマ”(核心、主題を称する隠語)を探している。リフレーンで爆発しなければならないという強迫観念で作業する良くないクセができた。デビュー初めに作業した歌を聴くと、僕が聞いても新鮮だった。知る事が毒になることもあるんだという気がした。ところが意図して修正した人為的な曲たちは結局捨てることになる。完成曲を聴いてみると僕の音楽じゃないという後悔が押し寄せる。」(ジョン・ヨンファ)

Q:曲を作る時、主にどこでインスピレーションを受けるのか。映画や本を通した間接的な経験も良いが、直接的な経験を越えることは出来ないと思うが。
「何かを見てインスピレーションを受けて曲作りをする事は出来るが、その中に経験が入れられないことはできないと考える。どんな曲でも僕の経験が明らかに入る。今回の『こんなに可愛かったか(you’re so fine)』も僕の性格のまま歌詞を書いた。『少し恥ずかしいけど信じられない言葉を言ってみるよ』という歌詞は、普段僕が使う語り口だ。」(ジョン・ヨンファ)
「悲しい職業病ができた。ある瞬間から劇的な感情を感じる時、メモしたりレコーディングをする。嬉しかったり悲しい時に相手とコミュニケーションを取るのではなく、記録している自分の姿を発見する。友人の恋愛相談を聞く時も『こんな風に別れたんだな』と頭の中で様子を描いている。このような僕が憎らしくて非人間的だと感じながらも、いつの間にか携帯電話を開いてメモ帳に書いている。」(イ・ジョンヒョン)

Q:歌手として、作曲家としてスランプに陥る時もあるはずだが、どのように解消させるのか。
「周りの人は『上がれば降りる日もくる』とよく言うが、僕はその言葉が嫌いだ。『まだこんなに熱心にするのに、なぜ大変な時期を体験しなければならないのだろう?』という反感を抱く。僕は僕のせいでチームが被害を受けるのが嫌で、私生活を管理している。ツアー中も暇を作って曲作りをする。疲れる瞬間が来る。『僕がここまでするは必要があるのか』と疑問を感じる時もある。僕も人間なのでストレスを受けるのが、それは結局音楽で解消する。ひとりで音楽を作れば、おのずとストレスが解消される。」(ジョン・ヨンファ)

Q:いつの間にかデビュー7年目だ。海外でも大人気だ。
「僕たちがデビューわずか2週間で『ひとりぼっち』が1位を取った。そのぴりっとした快感をまだ記憶している。もちろん今でも幸せで感謝するが、一方ではデビュー初めに受けた関心と人気と同じぐらいでなければ足りないと感じるようだ。そして当時を振り返れば後悔が多い。初心を失ったわけではないが、正直に言ってあの時は人気が永遠に続くと思った。疲れるとデビュー前の気持ちを少し忘れるようになった。喜ぶよりも疲れて大変な生活が先にあったからだと思う。『僕がこのスケジュールを1回休んでも滅びるわけじゃないはずだ、維持できるはずなのに』という分別のない考えもした。時間がちょっと過ぎて感じた。ファンたちの愛に報いなければならないという事を、僕がいつも成長して変化しなければならないという事を。」(ジョン・ヨンファ、イ・ジョンヒョン)

Q:序盤はバッシングが本当に多かったが、この頃はめっきり減った。
「デビュー当初はバッシングがもの凄く多かった。今は序盤に比べて非常に良くなったが、それでも罵る人々は罵る。『自作曲ならいいのか?』というような悪口もあった。そういう方々にはただ『罵りたいだけなら聴かないで下さい』と言いたい。」(イ・ジョンシン、イ・ジョンヒョン)

Q:CNBLUEを見ると不思議だ。メンバー4人全員、実力と容姿を兼ね備えている。率直に音楽ではなく容姿で選ばれたケースではないか。特にジョン・ヨンファはスキー場のイケメンとして有名になってスカウトされたが、歌と作曲で優れた才能を見せた。会社が音楽的な潜在能力を調べたのか。
「イケメンだけど音楽まで上手にするでしょう?ハハハ」(イ・ジョンヒョン)
「意図はともかく、僕たちは本当によく集まったという気がする。運が良い。互いに良い点だけ似ていって成長できたようだ。誰がギターの練習をしているとそばで遊ぶことができないから、一緒に練習をすることになる。1日12時間ギターを弾いたこともある。」(イ・ジョンシン、ジョン・ヨンファ)

Q:デビュー初めに「ビルボード1位とおじいさんになってもバンドがしたい」と話したが、まだ変わらない目標か。
「そうだ。おじいさんになってもジョンシンが淹れたコーヒーを飲みたい。」(イ・ジョンヒョン)
「海外のあちこちに家を置いて音楽作業をする夢を見る。ツアーをしてヴィラに集まって曲も作って、済州島(チェジュド)の海を見て作業して…本当に素晴らしくありませんか?これが私が夢見る理想的な姿だ。ハハハ」(ジョン・ヨンファ)