妄想彼氏に変身して、素敵な姿を披露する
012_1
012_2l

春風が吹く4月、人気バンドCNBLUEがファンのそばに戻った。1日彼氏に変身してファンの夢を実現した。
CNBLUEは最近NAVERのLIVE映像配信アプリ「V」で「CNBLUEのこんなに可愛かったSHOW?!SO FINE SHOW?!」を通じてニューアルバム『Blueming』のカムバック記念放送を行った。アルバムと関連した話はもちろん、ファンのために“付き合いたい男”のコンセプトでトークを進めた。

この日のメンバーは歌う時は真剣な姿を見せた。特に自分たちが直接作った曲に対する説明をする時、より一層真剣だった。ジョン・ヨンファは今回の新曲に対して「僕も歌詞を書いて余韻が残って胸が痛かった」と紹介した。イ・ジョンシンは自身が作った曲が初めて韓国アルバムに収録されて満たされた気持ちを伝えた。カン・ミンヒョクも自身の曲を次のアルバムに収録できるように努力するという計画を伝えた。

タイトル曲「こんなに可愛かったか」に対する話も漏らさなかった。ジョン・ヨンファは「春とよく似合うと思う。彼氏からこの歌を聴いたら気分が良いと思う。愛したい内容だ」と紹介した。これに対しイ・ジョンシンは「僕は気分が良くなる。それで季節ともよく合うと思う。今の爽やかな風が吹く頃に聴けば良いはずだ」と話した。

声をワントーン上げたメンバーは理想のタイプと恋愛に対してトークした。理想のタイプは確かだった。カン・ミンヒョクは声が美しい女性を、イ・ジョンヒョンとジョン・ヨンファは白いTシャツにジーンズをはいた女性を、イ・ジョンシンは笑顔が美しい女性を理想のタイプに明らかにした。

状況劇もあった。カン・ミンヒョクはパン屋デートに出かけたボーイフレンドに、イ・ジョンシンは帰宅が遅れたガールフレンドを怒るボーイフレンドに変身した。目を合わせて「君はなんでこんなに可愛いの」と話すアイコンタクト映像も公開された。

また、メンバーはお悩み相談を受けて恋愛相談に出た。相談に合う歌を選曲して即席ライブも披露した。ファンのために「こんなに可愛かったか」のハイライト部分のライブも初公開した。ファンサービスが充実した1時間だった。