街を飛び回るデギルの姿に注目
003

『テバク』のチャン・グンソクが初めての登場から強烈な存在感を表わす。チャン・グンソクは月火ドラマ『テバク』で王に忘れられた息子デギル役を担って、視聴者に挨拶する準備を終わらせた。デギルは妊娠6ヶ月で生まれた早産児で、母によって宮殿の外に出ることになった。

SBS制作スタッフが公開した第3話の撮影スチールでチャン・グンソクはあちこちを忙しそうに飛び回っている。大きな男と向い合って、余裕のある表情である方向を指している一方、斧を持った山賊から垣を超えて逃げている。また他の写真では、どこかに隠れながら鋭く目を光らせながら周辺の顔色をうかがっている。チャン・グンソクが『テバク』でどんな活躍を広げるのか期待される。