「今後の活動は6人全員で参加する」
011

脱退説は事実無根であっても、相次いだ離脱と態度論議は事実だ。アイドルグループBEASTがメンバーチャン・ヒョンスンの行動で危機を迎えている。今年デビュー7年目、今まで一度も騒動を起こした事が無くアイドルグループの手本になってきたチームBEASTが揺れている。

一応チャン・ヒョンスンに今一度機会を与えた形になった。彼が脱退を宣言しても、チームから飛び出すことを選んでも全くおかしな状況ではなかったが、彼らは再びチャン・ヒョンスンを抱きしめた。BEASTとチャン・ヒョンスン、果たしてこの危機を乗り越えられるだろうか。

残念な点はすでにファンが背を向けたということだ。BEASTのファンクラブ“BEAUTY”内でもチャン・ヒョンスンが今まで見せた態度に失望している。一部のファンたちはチャン・ヒョンスンを除いた5人体制を望んだりもする。
それは今まで彼が見せた態度のせいだ。個人的な事情という理由でチャン・ヒョンスンはBEAST完全体の活動に姿を見せなかった。それは1度や2度ではなかった。昨年から態度論議も持続してあがり、次第にファンの間でも信頼を失った。先立って彼は有料の日本ファンミーティングに参加しなかったが、その時刻にある女性と私的に会っていたという主張がファンの間で提起された。チャン・ヒョンスンはこれに対し不満を吐露した。

その後ファンカフェを通じて反省する姿を見せたが、その後も公式な場に姿を見せなかった。今月5日にマカオで進行されたCUBEエンターテインメントのファミリーコンサートにも参加せず、個人的な事情があったという返事だけが返って来るのみだった。これに対しチャン・ヒョンスンの脱退説が浮上した。

これによってBEASTは打撃を受けた。それでも希望が見えるのは、彼を認めて受け入れたメンバーのおかげだ。とにかくメンバーも会社もチャン・ヒョンスンに再び機会を与えるという。CUBEエンターテインメントは今月21日、OSENの取材に「今後ファンミーティングを含むBEASTの全てのスケジュールには、メンバー6人全員が共に参加する。脱退説も全くの事実無根」と線を引いた。

共にすることを決めただけに、ファンの間でももう一度信じてみるという雰囲気が形成されるものと見られる。チャン・ヒョンスンには機会が与えられたようだ。このような機会をどのように生かすかは彼次第だ。