「今後もファンの皆さんから貰った愛を分かち合えるApinkになります」
011

ガールズグループApinkがホワイトデーを迎えて、ファンのために配達の天使になった。
最近放送されたApinkのNAVERのLIVE映像配信アプリ「V」の「配達のピンスン」では、Apinkのメンバーパク・チョロン、チョン・ウンジ、オ・ハヨンが直接ファンのもとを訪れてアメをプレゼントするイベントを広げた。

ApinkはApinkのファンである2人の娘のために申し込んだお父さんの応募を選んで、こっそりとアメを渡すために姉妹の家をサプライズ訪問した。ファンは突然目の前に現れたApinkを見て驚き、涙を流した。Apinkは先に冗談を言ってファンに親近感を与えて温かな雰囲気を作り出した。

Apinkは誕生日を数日後に控えた長女のために誕生日ケーキとプレゼントを準備してサプライズパーティーも開いた。Apinkとファンは共に「Remember」のダンスを踊って話を交わし、特別な思い出を作った。

Apinkは「直接ファンに会ってアメをプレゼントして誕生日もお祝いすることになって、私たちにとっても特別なホワイトデーになった。今後もファンの皆さんから貰った愛を分かち合えるApinkになります」と「配達のピンスン」の感想を伝えた。
Apinkは現在海外活動を活発に広げている。4月にシンガポールでミニコンサートとファンミーティングを控えている。