興奮、爆笑、感動…思い切り楽しんだWINNER
011

今月13日午後4時、ソウル市芳夷洞(バンイドン)オリンピック公園体操競技場でWINNERの初の単独コンサートが開かれた。公演開始前から現場にはINNER CIRCLE(ファンクラブ)でいっぱいだった。WINNERのヒット曲のミュージックビデオがスクリーンを満たすと、すぐに約束でもしたかのように合唱を始めてステージの上のスターを待った。

定刻、カン・スンユン、キム・ジヌ、ナム・テヒョン、イ・スンフン、ソン・ミンホのメンバー5人が登場した。客席では青いペンライトが揺れ、あっという間に会場の雰囲気は熱くなった。WINNERは「GO UP」「LOVE IS A LIE」を相次いで歌って単独コンサート開催の瞬間を祝った。コンサートは初めてだが、メンバーは1年前にここでファンイベントを開いた。そのため体操競技場でのコンサートはさらに意味が深い。リーダーカン・スンユンは「まさにこの場所でファンイベントを行った。いよいよ同じ場所で僕たちの名を掲げた単独コンサートを開くことになった。感慨深い」と感動しながら感想を明らかにした。

WINNERは初めての単独コンサートにスペシャルステージを多数準備した。Mnet「Show Me The Money 4」でソン・ミンホが歌った「Okey Dokey」をイ・スンフンと共にデュエット曲で準備し、GD×SOLの「GOOD BOY」も2人だけのカラーで再解釈した。G-DRAGONとSOL(テヤン)が悔しがるほど幻想的なコンビネーションだった。

WINNERとしてデビューする前、ソロアルバムをリリースした経験を持つカン・スンユンは、久しぶりに「WILD&YOUNG」を持ってステージに立った。スタンドマイクを持って熱唱し、ロックスピリットを発散した。キム・ジヌはG-DRAGONの「CROOKED」でセクシーなカリスマを吹きだしたし、ナム・テヒョンは「I’M YOUNG」で感性を爆発させた。

ソン・ミンホは「恐れ」でソロステージも披露した。テレビ番組では見せなかったWINNERの魅力は、ステージの上で溢れ出た。PSY(サイ)の「ベルボトム(NAPAL BAJI)」のカバーステージのためにダサい衣装とレトロなかつらを被るかと思えば、おじいさんコントまで見せてファンを爆笑させた。隠れたWINNERのギャグセンスに「ベルボトム」のカル群舞(少しのズレもない息の合ったダンス)まで、この上ないファンサービスだった。

もうひとつ。メンバーは『応答せよ1988』のパロディコントを披露してファンに更なる笑いをプレゼントした。一度笑った後にはOST曲である「少女」「私の愛、私のそばに」「心配しないで、あなた」でアコースティックの感性を刺激した。WINNERから再び誕生した『応答せよ1988』のOST曲はまた違う余韻を残した。

WINNERのバラードステージは継続した。カン・スンユンのギター演奏に合わせて、デビューアルバムの収録曲「Color Ring」が流れた。ここに新曲「BABY BABY」の感性が加わり、体操競技場はWINNERの音楽だけで満たされた。「But」でWINNERが吹き出す音楽的感性はすごかった。
WINNERのファンサービスは終わりを知らなかった。未完成の新曲である「LA LA」をファンのために公開した。中毒性の強い非常に楽しい歌にファンは立ち上がって答えた。引き続き「IMMATURE」「SMILE AGAIN」でまるで公演が再びスタートしたかのように盛り上がり続けた。

本当に初めての単独コンサートなのかと思うほど、WINNERはしっかり楽しんだ。体操競技場のステージが狭く見えるほどだった。WINNERは「DON’T FLIRT」「SENTIMENTAL」「JUST ANOTHER BOY」など豊かなアンコールステージまで披露し、申し分なく素敵なコンサートを完成した。その名のとおりWINNERはWINNERだった。