「兄さんが除隊すれば、ハイタッチをたくさんする計画」
012

アイドルグループSUPER JUNIORのリョウクが叙情的なグラビアを公開した。
リョウクはスタースタイルマガジン「HIGH CUT」を通じて、物静かな雰囲気が引き立って見えるグラビアを公開した。カーディガン、ガウンコート、ジャガーパンツなどの力を抜いたラフな姿で物寂しい街を歩くリョウクから、春に食欲をなくし体が弱る男の寂しい雰囲気が感じられた。バラエティで軽快なトークを飛ばしたSUPER JUNIORのメンバーでない、しっとりとした感受性を持つ歌手リョウクの姿だ。

リョウクはグラビア撮影後に進行されたインタビューで“国民の歌手”という特別な夢に対して語った。彼は「皆が喜ぶ歌を作りたい。例えばKoyoteの『純情』や、PSYの『江南スタイル』のような歌だ。歌で時代を代弁したいという夢がある」と明らかにした。

MBCバラエティ番組「ラジオスター」を通じて伝えられたことがあるメンバーシウォンとの喧嘩エピソードに対しては「仲が悪く見えるが、むしろ本当に仲が良い」と笑ってみせた。さらに「シウォン兄さんとは愛憎の関係だ。兄さんが除隊すれば、ハイタッチをたくさんする計画だ」と付け加えた。

最近放送された「ラジオスター」では、EXOのチェンが出演してキュヒョングループではなくリョウク会の一員だと明らかにして話題を集めた。この話にリョウクは笑って「チェンはリョウク会だ。番組後、なぜすぐに答えられなかったのかと尋ねたところ、キュヒョンの目つきに慌てたと言っていた。それで『君はそれでもリョウク会だ』と釘をさした」と裏話を公開した。